2020年春夏パリメインコレクションバイイング VOI.3

ティス

オリヴィエティスケンス

2020年春夏パリコレクション。

漸く改装を終えた美しいアトリエでのショー会場は、広々としたファサードから始まり会場内は歴史を感じさせる美しい壁が目に入ります。

ショーの前にバッグステージを覗くチャンスがあり、ランウェイを待つモデルやカメラマン、

メイクスタッフ等が慌ただしく動き回り、緊迫感と高揚感で溢れていました。

オリヴィエティスケンスの姿もチラリと見えいつもより真剣な表情がとても印象的でした。

パリコレのスタート前の醍醐味を味わえる貴重な一瞬でした。

114 

115

116

117

118

119

120

▼オリヴィエティスケンス、パリコレVol.1

マドンナのヒット曲から明るくポップにスタート。

ティスケニアンと呼ばれる若くフレッシュなモデルは、ランジェリーのようなショーツを大胆に且つフェミニンにスタイリングされ、その斬新さにスタートから度肝を抜かれます。

得意のブラックドレスは独自のデザインが施されたバックスタイルが美しく、

ブラトップにスカートとパンツのシンプルな組み合わせもシンプルな中にスタイリッシュさを感じさせます。

シューズはプチプラットのサンダルを合わせモードさ前開です。

そして今回際立ったのがサングラス。

オリヴィエティスケンス初のサングラスが来春から登場します。

10月1日はそのデビューコレクションとしてカクテルパーティーがこの会場で行われます。


常に前進、常にモード。

オリヴィエティスケンスの快進撃から目が離せません。

121

122

123

124

125

126

127

128

129

130

131

132

133

134

135

136

137

138

139

140

141

142

143

144

145

146

147

148

149

150

▼オリヴィエティスケンス、パリコレVol.2

マドンナのヒット曲から明るくポップにスタート。

ティスケニアンと呼ばれる若くフレッシュなモデルは、

ランジェリーのようなショーツを大胆に且つフェミニンにスタイリングされ、その斬新さにスタートから度肝を抜かれます。
得意のブラックドレスは独自のデザインが施されたバックスタイルが美しく、

ブラトップにスカートとパンツのシンプルな組み合わせもシンプルな中にスタイリッシュさを感じさせます。

シューズはプチプラットのサンダルを合わせモードさ前開です。
そして今回際立ったのがサングラス。

オリヴィエティスケンス初のサングラスが来春から登場します。

10月1日はそのデビューコレクションとしてカクテルパーティーがこの会場で行われます。


常に前進、常にモード。

オリヴィエティスケンスの快進撃から目が離せません。

151

152

153

154

155

156

157

158

159

160

161

162

163

164

165

166

167

168

169

170

171

172

173

オーナーバイヤー岩高 

 

2020年春夏パリメインコレクションバイイング VOI.2

5

▼2020春夏toogood。

ショールームは鮮やかなコバルトブルーが目に入ります。来春夏のテーマは作業着からのインスピレーション。

壁には労働者のイメージをデザイナーが描いたタペストリーが飾られています。


ユニセックスのtoogood。

リップストップ(裂けるのを阻止する)素材にパラフィン加工した張りのある軽いコートは春先に最適でレディースでオーダー入れました。

乞うご期待ください。

トゥーグッド 

6

7

8

9

10

11

12

13

▼チカキサダ、2020年春夏は『モネの睡蓮』からのインスピレーションを得意のチュールに載せたパステルカラーが優しいコレクションでした。

14 

15

16

▼グイディ パリシヨールーム。
11月2日~4日、メンズSHELTER2の15周年イベントとして、グイディのオリジナルオーダー会を予定しています。

パリではその最終の打ち合わせです。
今回はレディースの新しいシューズサンプルも沢山揃います。
更にスペシャルイベントとして、MATTOTTIでグイディのジュエリーコレクションを行うことになりました。

シルバーとカンガルーレザーのコンビネーションと、ブラックダイヤをあしらったリングやピアス、バングル、ネックレス等、沢山揃います。

私は6月のパリで既にリングの個人オーダーをしたほどお気に入りです。
ジュエリーオーダー会は、グイディ初のイベントです。

スペシャル記念限定ノベルティもご用意しておりますので是非入らしてくださいませ。

72 

73

74

75

76

77

78

▼グイディのショールームでは、以前も靴の製作の実演をしていましたが、

今回は靴を縫う機械を持って来られており、何とサンダルを速攻で作ってくれるとの事で早速お願いしました。

私はP51のデザインをオーダー。

製作は1時間半で仕上がるそうです。とっても楽しみです。

 

79

80

81

8283

84

オーナーバイヤー岩高

2020年春夏パリメインコレクションバイイング VOI.1

になりっち

17

18

19

20

21

22

25

26

24

23

27

28

29

昨夜、パリに到着しました。
今朝は20℃ぐらいで日本よりは寒いです。

ニナリッチ、2020年春夏パリコレ。

会場はエッフェル塔横のパレドトウキョウ。ショー会場前の緊迫感はパリコレならではです。

一人と一緒のファッションは見られないファッションマニアたち。

ベーシックなアイテムと差し色の蛍光カラーの組み合わせや、シースルーなアイテムがお洒落に目立っていました。

30 

31

33

32

34

35

36

ニナリッチ会場内は、前回にも増して熱気が溢れていました。

招待状はピンクのチューインガム(ではないてすが)が添付されており、シートには本物のチューインガムがお土産に置いてありました。

そして何とフロントローに、アンミカさん発見!テレビのパリコレ学で見るより、お顔も小さくとってもお綺麗でした。

勿論ニナリッチをモードに着こなされてました。

37 

38

40

41

42

44

45

46

47

48

49

50

ニナリッチのショーは、始まる直前に天井から突如、シャワーのような水が流れ落ちるパフォーマンスに驚かされます。

そして登場するモデルはひらひらとシルクのヒレをなびかせ、或いは、時おりキラキラ光る鱗のヘッドアクセサリーやドレスは、まるで海の中の美しい魚のようでした。

デザイナーデュオのルシェミー・ボッターとリジー・ヘレブラーの二人の故郷、カリブ海を優しく表現したコレクションだったと感じました。

オーナーバイヤー岩高