2016年秋冬パリバイイング報告(1日目)

▼2016年秋冬パリバイイング行ってきます!!
今回はshelter2の黒田が同行。初めてのバイイング、活躍期待してます。

1

2

▼1月23日ーパリ到着。
大変な事があったけど、私達はパリが好き。
いつもワクワクさせるモードでエレガントな魅力は最高! 写真はホテルとオペラ座です。

3

4

5

6

▼パリバイイングスタートの今朝は気温8℃とそんなに寒くはないです。
今日はメンズのバイイングに同行するのでスニーカーにしました。マキシム丈のコートと帽子でエレガントさを出しました。

7

8

▼パリ初日。
LANVINメンズのショーでバイイングがスタートです。

9

▼LANVINのショーは力強く、クールで最高でした。

13

18

17

16

15

14

12

11

10

▼Y―3 2016 AW show。
会場はかなり狭く天井が低いスペース。
雰囲気のあるとこです。スポーティーでクールなショーでした。

19

20

21

22

23

24

25

26

27

▼今回のパリコレ、ファッションスナップは、Y-3のショー会場前から。
Y-3とあってスポーティーなアイテムに、ストリートな要素を取り入れたお洒落な人達が集まりました。

28

29

30

31

32

33

34

35

36

37

38

▼アンドゥムルメステール2016年秋冬メンズコレクション。
テーマはギリシャ神話の、アポロンとダフネのストーリー。
このテーマは、レディースのプレコレクションとメインコレクションへと一貫して続きます。
明後日のレディースコレクションで詳しく報告致します。

39

40

41

42

43

44

初日のパリは、パリコレの会場でも心配していたテロの警戒した雰囲気は全く無く、
いつものように世界からお洒落大好きなファッションピープルが沢山集まってきていました。

また今日はメンズのバイイングに同行しましたが、
メンズブランドはどこも素晴らしく、SHELTER2、SHELTER5のバイイングも順調にスタートしています。

レーベルアンダーコンストラクション、ワークスタットミュンヘン、ディプティバースの3ブランドは、
SHELTER2/SHELTER5のブログで詳しくご覧くださいませ。

では明日もしっかりお伝え致します。

オーナーバイヤー岩高

ファッションはどこへ向かうのか…。2016年もよろしくお願いいたします。

2016年賀状ブログ使用

2016 HAPPY NEW YEAR!新年が幕開けです。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

▼MATTOTTI SERATAと、MATTOTTIでは、新作の春物と新年のお花が皆様をお迎えしております。

s-20160104_173941

s-20160104_174131

 

今年は、百貨店の福袋めがけ1万人前後の人が並び、スターバックスには108人分の福袋を買い占めた人がその後すぐにネットオークションでそれを倍近い値段で競売にかけている等、今までのファッションの在り方と、お金の儲け方の変化に戸惑います。

新年のブログは、新年の雑誌や時代を担う方々のコメント等を事例にして、今後のファッションの行方について、感じることを書かせていただきました。

 

▼繊研新聞の元旦の一面を飾ったのは、『ファッションは楽しい』という紙面。バイヤーから一般の方々が幅広く取り上げられました。

s-1451962383971

その中で特に際立つ一人の男性が、SHELTERⅡのトップ顧客様井上猛さん。彼のように、ファッションを楽しむことが、仕事の原動力でもあり、そしてプライベートでも自分自身らしくありたいとファッションを心底楽しむ男性こそ、私達の理想の顧客様であり、大切にすべき、そして増やしていきたい顧客像なのです。

s-1451962388161

s-1451962388161-1

ボタンジャケット(m.a+)¥235,000 スパイラルパンツ(m.a+)¥262,000 ダイアゴナルブーツ(CCP)¥242,000(以上全てshelterⅡでのご購入の私物)

 

▼年末のWWDでは業界のトップを走る続ける35人のデザイナーのインタビューが載っていました。

s-20160105_160237-1

『加速するファッションシステムはどこに向かうのか?』というテーマについてでとても興味深いものでした。特に印象出来だったものをあげました。

●マーク・ジェイコブス:ショーのために6週間集中して昼夜を問わず働き、7分間、よかったと思える何かを作り出せる瞬間のためにいろんなことに対処するよ。苦労やストレスや障害があっても、やっぱりファッションが好きなんだ。

●リック・オウエンス:忙しいということは幸せなことなんだ。

●ジョルジオ・アルマーニ:人々は秋冬シーズンのショーを3月に見たら、今すぐその服をほしいと思うだろうが、しかしまだそれらは生産されていないという事態になる。それに対応しようとすれば我々はファストファッションのように仕事をしなければいけなくなる。

●レンツオ・ロッソ(OTB会長:メゾンマルジェラオーナー):ファッション業界は今やSNSをする人であふれている。クレイジーなことだ。ちゃんと話をすべきだ。私はそんなファッションシステムには巻き込まれたくない。私はただ美と夢がほしいんだ。

●アルベール・エルバス:自分がファッション業界で何をしているのか、またそもそも何者かが分からなくなっている。昔は私たちの肩書ははデザイナーだった。それが今はチーフクリエイティブディレクターになった(中略)。私たちの肩書は「イメージメーカ」さ。私たちの仕事の大部分を占めるのはイメージになった。

●アレキサンダー・ワン:ファッションはビジネスで、消費者が第一優先なんだ(中略)大切なのはジャーナリストじゃなくてバイヤーなんだよ。今彼らのポジションが再評価されつつある。僕は頑固たる意見とか答えを持っているわけじゃないけど、僕たちが常に話し合っているのはショーに誰を招待するかなんだ。

●ウミット・ペナン:今やソーシャルメディアがファッションをコントロールしているね。それは気にいらないよね。速過ぎ!変化するといいね。でもどうやって?手がかりはなしだよ!!!

●アナ・スイ:ファッションがオーバーヒートしていることについは賛成だわ(中略)。これはファッションに限ったことではなく全てにおいてよね。映画業界も音楽業界も。まるでスポーツね(中略)。今までは目の前にあったことが1か月後の雑誌に待っていたりしたけど、今はすぐに目の前にあるわ。適応するしかないんじゃないかしら。みんな頑張ってるわ。

●カール・ラガーフェルド:私が最も嫌悪するのは、高額な報酬を得ていながら、ブランド側の要求が多すぎるとか、燃え尽きてしまうのは嫌いだとか言うデザイナーだ。デザイナーはフルタイムの仕事。趣味の片手間にやる仕事ではない。今やファッションはスポーツだ。走れ!

 

デザイナーは、本当にファッションが好きで、仕事熱心だという事。私も迷うことがないとは言えませんが、そんなときは、必ずデザイナーの声を、そして意志を聞く。ファッションをクリエイティブしているのはSNSではなくやっぱりデザイナーだと思う。ファッションというものが人の手そして感性でしかつくられないクリエイションであることはゆるぎないから…。

 

▼そして、私も微力ながら、新年(2月号)のファッション販売で、『セレクトショップバイヤーが見た2016春夏注目アイテム 』で見開き2ページの記事を書かせていただきました。(P92~P93)

リサイズIMG_3385

 

岩髙様再修正レイアウト0001 のコピー

右

左

ファッションを取り巻く環境…。それにともない、セレクトショップは大きな課題を抱えながらも、時代はそれを待ってはくれずにどんどんと加速し進んでいきます。

しかし、私たちは、今年も顧客様への最新ファッションのご提案、そして新しいお客様との出会い、それぞれの方々とどんなファッションのドラマが始まるのか、ワクワクドキドキです。それを実現できるお店だけが生き残っていけることは間違いないと思います。

今年も何卒よろしくお願いいたします。

オーナーバイヤー岩高

2015年秋冬セール実施中

2016年春夏商品入荷中

2015年 有難うございました。2016春夏コレクションプレビュー

IMG_1401

2015年は、私たちの微力な努めにもかかわらず、お客様には本当に沢山のご愛顧ご支援を頂ききましたこと、スタッフ一同心よりお礼申し上げます。有難うございました。

今年最後のブログは、入荷を待ちわびる2016年春夏商品を、イメージ画像でご紹介させていただきたいと思います。

top-16ss-lanvin

▲2015年のビッグニュースといえばアルベールエルバスの辞任。パリ最古のオートクチュールブランド、眠れる森の美女を目覚めさせ、パリファッションをモードに変えたた彼の最後のコレクションをぜひご覧ください。

 

margiela

▲『ガリアーノがメゾンマルジェラに恋をした…。』といわれる初のコレクションがパリのランウエイに登場です。MATTOTTIには既にアヴァンプルミーエルが入荷し、お客様から「これガリアーノ?」という声が上がるほど彼のDNAがしっかりと息づいています。

 

ann demeulemeeter

▲2016春夏から本格的にプレコレクションをスタートしたアンドウムルメステール。プレの商品は12月初旬の入荷以来、あっという間に店頭から商品が無くなるほどの勢いです。メインコレクションは2月ごろから入荷予定です。

 

HAIDER ACKERMANN

▲ひときわ際立つ大人のライダーススタイルを登場させたハイダーアッカーマン。時代を反映する、強くてしなやかでエレガントさも持ち合わせた現代の女性から絶大な支持を得る所以です。

 

dries van noten

▲華やかな煌めきにあふれた作品を何時のシーズンも届けてくれるドリスヴァンノッテン。世界を旅してその土地ごとで出会う美しく純粋な女性に自分もなれる気がするのは、私だけではないでしょう。

 

BALMAIN

▲琥珀色からグリーン、ブルー、オレンジまで、常夏カラーが満載の若さ溢れるバルマン。デザイナーのオリビエルスティンは「若い世代にも楽しんでほしい」と、H&Mのコラボでもさらに飛躍を遂げました。

 

nina ricci

▲世界のトップジャーナリストの絶賛を受け、ギョームアンリの卓越した才能を見せつけたニナリッチ。コンセプトは『感覚的で自由な女性』。世界で一番自由で気ままなパリジャンにぴつたりです。

 

emanuel ungaro

▲60年代のウンガロのアーカイブからのコレクションは、花のモチーフの洪水。ブリディッシュなテイストもミックスされ、エレガントの最骨頂といえるコレクション。

 

Oscar de la Renta

▲NYブランドが久しぶりにMATTOTTI SERATAに登場です。NYのハイクラスなセレブリティご用達オスカーデラレンタは、12月のプレコレクションからすでに私の顧客様達から絶賛の声が上がっています。

 

paco rabanne

▲パコラバンヌは、特殊な素材のボタンやイヤリングを独自開発し、超前衛的な手法がマニアに人気のオートクチュールブランド。現デザイナーのジュリアンドッセーナは「バレンシアガ」のニコラ・ゲスキエールの下で務め、その才能がここで開花しました。

 

top-Rick

▲いつも時代も、『変わらない事の難しさと大切さ』を、ファッションを通して教えてくれるリックオウエンス。人気のMA-1も彼の手にかかれば、ストリートとエレガントがミックスされるから不思議です。

 

top-16ss-ma

▲レディースのクロスは、デザイナーアマディ氏のエレガントな女性像を表現した独自のワールド。日本でも希少なレディースクロスをぜひご覧ください。

 

 

sl-guidi

▲世界中のデザイナーの信頼を寄せるタンニング手法を持つグイディ。春夏はリネンのバックが新しく登場。夏も冬も一年中使っていたいグイディです。

 

top-reinhardplank_1

▲今年2回もお店でパフォーマンスを演じ、『帽子の中に真の幸せがある』という熱いメッセージを伝えてくれたレナードプランク。春夏も、帽子のある日常で今までのファッションをさらに楽しませてくれることでしょう。

 

top-sacai pre

▲サカイも春夏からプレコレクションをスタートしました。得意のスポーツ&フェミニンなミックススタイルは、どれを買おうか迷ってしまうくらいバリエーションが豊富です。ラシャンブランでは今までで一番たくさんのサカイを楽しんでいただけます。

 

top-sacai main

▲パリコレでは『歪みの概念から生まれる遊び心。解体、再構築、そして解体』を発表。それなのにしっかりとした形が出来上がりそのまま着れる服となっているから、そのデザイン能力は世界のファッションピープルたちを感動させるんですね。

 

top-08sircus

▲シンプルでミニマルな春夏を表現した08サーカス。得意のノースリーブのブラウスやセミロングのスカートのスタイリングは、エフォートレスな気分にぴったりです。

 

top-MM6

▲香水の濃度が徐々に薄くなるように、MM⑥はガリアーノのDNAがほんのり匂うコレクション。春夏はマスキュリンとフェミニンのテイストが交わった若々しいコレクションです。

 

top-emi

▲初めてパリでコレクションを披露したエミナカニシ。パリで作ることの意味にこだわり続ける彼女の哲学は、誰もがパリジャンになれる服であることで伝わってきます。シャネルで培ったキャリアを感じさせるコレクションです。

 

top-y-3

▲スニーカーブームの火付け役のY-3が春夏からラシャンブランにも登場です。メンズのテイストも加わったユニセックスな感覚が楽しいスニーカーです。

 

2016SStop-cornerian

▲最後は神戸を代表するコーネリアンタウラスバイダイスケイワナガ。新型のフラットショールダーは、大きさと使い心地がとても気に入りました。

 

2015年は、相次ぐデザイナーの辞任、SNSの発達による消費者行動の激変等により、ファッションとはどうあるべきか、そしてどう向き合うべきかを考えさせられた1年でもありました。そんな時に力づけてもらえたのが、やはりお客様でした。お客様が私のバイイング商品に共感してもらえる瞬間、バイヤーとしての自信と原動力が確信できるのです。

そしてデザイナーは常に新しい世界を提案してくれます。私の中で、デザイナーとお客様の両脇からの愛情を受けながら、新年4日から気持ちも新たに頑張りたいと思います。

今年も一年大変有難うございました。素晴らしい新年をお迎えくださいませ。

オーナーバイヤー岩高&スタッフ一同

※2016春夏ショッピングアップしました!ぜひご覧くださいませ。

 

 

2016年春物入荷と秋冬セールスタート(MATTOTTI)

IMG_2908

12月19日(土)~秋冬のセールが始まります。

一方、MATTOTTIのメインウインドウは早くも2016春夏メゾンマルジェラのアヴェンプルミエールとニナリッチのコンテンポラリーなセットアップが登場。軽やかで大人のクリスマスを演出してくれます。

IMG_2910

▲レイアードな裾切り替えのスカートは、中央にスリットが入っています。セミロングのスカートは上級者にお勧めしたいアイテムです。(スカート税込¥96,120 フリーサイズのベルト税込¥42,120 共に春夏メゾンマルジェラ)

IMG_2907

▲コットンのブラウスは詰まったラウンドの首繰りが大人の知的差を漂わせます。(春夏ニナリッチ 税込¥90,720)パールネックレス(ランバン税込¥160,920)

IMG_2855

▲ランバンのクラッチバックで洗練されたイメージに仕上げます。(セール税込¥84,240

 

▼パーティースタイルにお勧めのアンドウムルメステールのチュールのチュニックブラウスは、春にかけても活躍しそう。(セール税込¥108,864)フォックスのスートルはドーナツ型。(税込¥48,600)

IMG_2828

IMG_2857

▼足元はあえて膝上のロングブーツでモードな雰囲気に。(セール税込¥108,864

IMG_2830

 

▼ハーフコートは定番のピーコートタイプのアンドウムルメステールがお勧め。(セール税込¥141,264

IMG_2841

▼厚みのあるウールのバッチは金糸刺繍のロゴ入り。アンドウムルメステールでも人気のアイテムです。(セール税込¥12,312

IMG_2842

▼そして意外と貴重なのがロングコート。マニッシュなアンドウムルメステールだからこそ手に入れたいですね(セール税込¥210,600

IMG_2844

▼前立てはダブル使用。ウエストのベルトは後ろのウエスト部分にも見えます。

IMG_2845

 

▼店内はまだまだたくさんの秋冬物が揃います。

IMG_2867

▼今シーズン大人気だったハイダーアッカーマンもセットアップで揃います。

IMG_2869

IMG_2870

▲ジャケットは肩とフロントに異素材のコントラストがおしゃれ。素材的にも春先に活躍できます。(セール税込¥142,560

IMG_2871

▲プリーツの巻スカートはコレクションNO.1アイテム。残り1点です(セール税込¥142,560

 

▼こちらもコレクションでひときわ目立ったツイードジャケット

IMG_2874

IMG_2875

▲白黒ブロック部分はニットというデザインの面白さが魅力です(セール税込¥252,720

 

▼バックはメゾンマルジェラが揃います。トート型バック(セール税込¥133,056

IMG_2862

 

▼ショールダータイプはこの2素材。(黒カーフ素材 セール税込¥156,492 白黒プリントポニーカーフ素材 セール税込¥165,564

IMG_2876

IMG_2872

 

▼人気のランバンのバックもセールでご提供いたします(セール税込¥202,176

IMG_2856

IMG_2861

 

▼ショートブーツもスタイリングには重要なアイテムです(ランバン セール税込¥90,720IMG_2864

 

▼ゴールドチェーン付きブーツは履き心地GOOD!(セール税込み¥115,922

IMG_2873

寒すぎるのはあまり好みませんが、こう暖かいと、お洒落な人たちにとって冬のファッションが楽しめないのは事実…。でももう師走。寒さはもうすぐきます。冬こそオシャレが楽しめるから、ぜひ皆さまお店にご覧にいらしてくださいませ。ご来店お待ちしております。

オーナーバイヤー岩高

 

MATTOTTI & MATTOTTI SERATAのクリスマス

11204020_952056271543336_2852070951365911674_n

今年もルミナリエが、神戸の街をさらに輝かせ始めました。 北野坂もそれを観に来られるお客様で賑わいを見せています。

初めまして。新しくMATTOTTIに入りました有島と申します。今回は私からお店のクリスマスと商品のご紹介をさせていただきます。

先週から、MATTOTTIとMATTOTTI SERATAは、2つのクリスマスをコンセプトにクリスマスの飾り付けを行いました。

IMG_2044

▲MATTOTTIでは白を基調にシックでクールなクリスマスを。白のお花は毎週変わります。手前のトルソーはランバンのラメのニットジャケットにニナリッチのフレアスカート。アクセサリーはランバンのパールの三連ネックレスとフォックスのファーストールで華やかに。

IMG_1996

▲こちらはランバンのニットジャケットとフラワージャガードのブラウスで、スカートはタイトで大人っぽく仕上げます。冬の白はとってもエレガントでシックに控えめな女性を演出してくれます。

IMG_2049

▲入口はユーカリの葉・コットンフラワー・ポピーの実で出来たオリジナルのクリスマスリースが好評です。

 

IMG_1997

▲中央階段には、ブラウス・スカート共にバルマンのスタイリング。ブラウスはこの秋のテーマの花のシルクプリント。張りのある高級素材のベルベットのスカートはフロントのフリルが腰回りをすっきり見せて上品に格上げしてくれます。バルマン単品商品も組み合わせによってはこんなに華やかにパーティー使用になりますね。ブローチは、新ブランドのオスカーデラレンタ。

 

107

▲店内中央は、デイリーに使えるリックオウエンスのニットやコートも展開しております。

 

▼続いて、MATTOTTI SERATAでは、赤を基調に温かみのあるエレガントなクリスマスを。

IMG_2032

▼ニナリッチ、メゾンウーレンズもクリスマス用にバックやワンピースなど新しく入荷しております。寒いとつい着込んでしまっておしゃれは後回しに、なんてそんな季節ですが中に着込んでもしっか羽織れるコートや、着膨れせずきれいに見せてくれるお洋服等、機能性のあるお洒落な服もまだまだたくさんご用意しております

IMG_2016

▼ウンガロのスカートとコートがセットのコンビネーション。ウンガロの星柄ブラウスは、配色や切り替え部分等細部までこだわった大人の遊び心あるアイテムだからこそ気分もあげてくれます。

IMG_2035

 

▼パーティーシーンが増えるこれからの季節には、マルジェラのドレスとオスカーデラレンタのレースシューズが飛びっきりのおしゃれを演出してくれるでしょう。

IMG_2014

IMG_2040

 

▼そして、当店では店頭または通信販売でお買い上げの際に15回まで無金利のショッピングローン(三井住友グループ)にお申し込み頂けることになりました。ぜひご活用くださいませ。

無金利スライド

*店頭販売、通信販売ともにすべての商品が対象となります。

*15回まで無金利(当社負担)
15回以上の分割払いには金利が発生致します。

*1回のお支払いが5,000円を下回る回数はご利用頂けません。

 

では、12月も素敵なクリスマスディスプレイに包まれた、MATTOTTIとMATTOTTI SERATAにぜひ足を運んでくださいませ。皆様のご来店心よりお待ちしております。

スタッフ 有島

2016 Spring&Summer ご予約会のお知らせ

3

北野坂はイルミネーションが輝きを増してきました。

クリスマスまであともう1か月少しですね。

パリの春夏のバイイングの様子を数回に分けてブログでお伝えしましたが

早速11月14日(土)よりマトッティグループ全店にて

春夏ご予約会を開催いたします。

今回のブログでは、MATTOTTI・MATTOTTI SERATAの2016春夏コレクションのポイントを簡単にご紹介致します。

▼アンドゥムルメステールは、今シーズンからプレコレクションが充実。

ANN_DEMEULEMEESTER_2016SS_Pret_a_Porter_Collection_runway_gallery-17

▼ドリスヴァンノッテンは、華やかな煌めきに溢れた女性が登場。

DRIES_VAN_NOTEN_2016SS_Pret_a_Porter_Collection_runway_gallery-8

DRIES_VAN_NOTEN_2016SS_Pret_a_Porter_Collection_closeup_gallery-16

▼ハイダーアッカーマンは、エレガントなバイカースタイル。

HAIDER_ACKERMANN_2016SS_Pret_a_Porter_Collection_runway_gallery-28

▼バルマンは、琥珀カラーの中に強さと優しさが潜んだパンチあるスタイル。

BALMAIN_2016SS_Pret_a_Porter_Collection_runway_gallery-4

▼パコラバンヌは、パリのカジュアルが若々しく再登場です。

IMG_6105

▼メゾンマルジェラではジョンガリアーノの才能が一気に再び開花しました。

IMG_6121

▼エムエークロスは、パイナップルバッグに新色が登場。

07-3

▼ランバンは『マニフェスト』をテーマに、迫力あるエレガントな世界を提案。

_ARC0091

LANVIN_2016SS_Pret_a_Porter_Collection_closeup_gallery-135

▼ニナリッチは『感覚的で自由な女性』をシックで軽やかなカラーで魅せました。

NINA_RICCI

▼エマニュエルウンガロは、60年代のウンガロのアーカイブをモダンにアレンジ。

IMG_6112

▼オスカーデラレンタは、NYセレブご用達のお洋服もスタート。

OSCAR_DE_LA_RENTA_2016SS_Pret_a_Porter_Collection_runway_gallery-1

▼メゾンウーレンズは心地よい高級素材がデイリーにぴったりです。

03-5

眠れる森の美女と言われたパリ最古のオートクチュール『ランバン』を

14年間にわたって目覚めさせたアルベールエルバスの最後のコレクションは、

寂しくもあり、更に期待をふくらませるコレクションとなることでしょう。

パリファッションの新しい幕開けを予感させる2016年春夏コレクションを

いち早くご覧頂けるこの機会に是非ともいらして下さいませ。

スタッフ一同皆様のご来店を心よりお待ち致しております。

オーナーバイヤー岩高

パリ バイイング 最終日 vol.2

12096190_930308627051434_1960381867529294540_n

バイイング最終日の午後は、パリ一番のラグジュアリーストーリート、モンテーニュにあるニナリッチから。そんな、モンテーニュ通りの真ん中にあるニナリッチのショップ。ギョームアンリのモダンさと若々しさがウインドウから溢れていました。

12065985_930308650384765_4578600906673984829_n

12088225_930308673718096_4138684986034629494_n

 

▼2016年春夏パリコレ、ニナリッチ。世界のジャーナリストの絶賛を受け、ギョームアンリの卓越した才能を見せつけたニナリッチ。コンセプトは『感覚的で自由な女性』。オーストリッチを、羽根、スパンコール等異素材の組合せ。カラーはスカイブルー、ラベンダー、チェリー、イエロー等軽やかです。世界で一番自由で気ままなパリジャンにぴつたりのニナリッチでした。

12107912_930307323718231_3024867707637322259_n

12096611_930307343718229_2147498737323715169_n

1896872_930307370384893_3453486776611914179_n

12140592_930307430384887_639790729415595163_n

12144668_930307407051556_6251906101975866826_n

 

12119044_930307460384884_8347496811497002636_n

10406987_930307500384880_7503688493235728702_n

 

▼続いて、ニナリッチのショップからモンテーニュ通りをセーヌ川のほう向かうと、エマニュエルウンガロのショールームがあります。ここの窓越しから眺めるエッフェル塔はいつも季節感に溢れて最高です。

12074992_930311677051129_5321032941703925998_n

12107088_930311720384458_8887426780114492150_n

▼ショールームのなかでも最も美味しいと言われるビュッフェはラデュレのもの。マカロンの色もお洒落な色、きっと新色ね。

12107067_930311887051108_1622212770845076016_n

12088154_930311930384437_2736709651272042604_n

11227857_930312037051093_692968272986756825_n

12141546_930312020384428_4451731694299913930_n

12063395_930311987051098_4160828375151412663_n

▼2016年春夏エマニュエルウンガロのコラージュパネル。60年代のウンガロのコレクションからのインスピレーション。スイスのレース職人に特別に作らせた最高級で、そしてアーカイブ的な花のモチーフの洪水。ブリディッシュなテイストもミックスされ、エレガントの最骨頂といえるコレクションでした。

11145560_930313450384285_2818741442899587975_n

12105764_930313540384276_2245896427922170600_n

11217584_930313513717612_2048336679027374097_n

12074720_930313480384282_1005989738146858838_n

 

▼ シャンゼリゼ通り。いつものこの時期は、落ち葉の絨毯に美しさを変えますが、今年は日中暑さが残るほどで、紅葉も始まったばかりでした。

11218453_928661933882770_1319415285439095843_n のコピー

2016春夏、パリバイイング終了しました。

今回のバイイングで感銘した事。それは、レナードプランク氏のについての話。

こんなにたくさんの帽子を作れるなんてすごいな~、才能あるな~といつものようにサンプルを眺めていた時、日本の代理店の営業の方が、「レナードプランクさんは、ロンドンの展示会場でたった2点ほどの帽子を出展していたところ、とあるバイヤーの方の目に留まり、そのバイヤーが何と一度に2000個のオーダーを入れたんです。」と!!!。たった2個の帽子に全霊を込めて作った帽子が、一人のバイヤーの目に留まり、そして世界に広まり、そして沢山の方の日々のオシャレを楽しくしてくれているということ・・・。

この話に何だか感動しました。

私たちバイヤーが感銘を受けるデザイナーには、心があり、志があります。そんな感動を私たちのショップにぜひ感じにいらしてください。きっと、おしゃれする事が、不安な自分を勇気ある自分に変えてくれると事だと、わかってもらえると思います。

オーナーバイヤー岩高

パリ バイイング 最終日 vol.1

1

バイイング5日目は、ハイダーアッカーマン。マレ地区のショールームは、退廃的な壁とフェミニンなフラワーアレンジの相反する美学が、デザイナーの精神を物語っています。

2

3

4

5

6

7

 

▼2016年春夏パリコレ、ハイダーアッカーマン。テーマは『バイカースタイル』。メンズライクなライダースに、女性独自のドレスアイテムをミックス。カラーは、韓国の昔の民族衣装からインスピレーションを得たという光沢のあるイエローやピンク、ミントグリンを起用。ハイダーが、毒々しくもあり、尚且つエレガントでもありたいというファッション的にも自立した現代の女性から絶大な指示を得る所以です。

8

9

10

11

12

13

14

15

 

▼2016年春夏グイディ。パリバイイングも最終日となると、日本人の佐藤さんのウエルカムと笑顔にとても癒されます。
新作はリネンシリーズ。内側はレザーなので型崩れすることはありません。メンズのシューズもリネンのブルーや白が、夏のおしゃれの余裕を感じさせます。そしてお土産にGUDIのレザーのステッカー頂きました。お店のどこに貼ろうか楽しみです♪

40

41

42

43

44

45

46

 

▼2016年春夏レナードプランク。春夏は2色重ねの涼しげなデザインや、ご要望の多かった白のハットも沢山発注しました。そして今回のコレクションではシューズが登場。帽子をデザインする前は靴をデザインしてたとのことで、履きやすさと、軽さと、ルックスは中々のもの。11月30日は、再びデザイナーが来店予定。春夏の帽子とシューズのサンプル受注会を予定しておりますので是非楽しみにしててくださいませ。

47

48

49

50

51

 

オーナーバイヤー岩高

パリ バイイング 4日目 vol.2

1

メゾンマルジェラ、ガリアーノによる初の春夏パリコレは、ローファイ、ハイファイ、サイファイをミックスした世界。また、洋服を作る製造過程をショーという時間の流れで表現しています。つまり白はシーティング、そして徐々に色を変化させていくという構成。ガリアーノによるマルジェラへのオマージュを感じさせる洗礼なコレクションでした。

2

3

4

5

6

7

 

▼2016年春夏メゾンメゾンマルジェラのパリコレでのもう一つの話題は、ガリアーノがこだわったというバックコレクション。上品な中に、マルジェラとガリアーノの哲学が不思議に同居したバックに、是非ご期待くださいませ。ショールームのパネルやフラワーアレンジにもガリアーノのセンスが溢れています。

8

9

10

11

12

13

14

15

 

▼2016年春夏パリコレ、ランバン。
テーマは「マニフェスト」。3つのアプローチからの構成です。
1.黒白のテーラリング→マニッシュな大人のクール、2.ドレス→中にコルセットを着たボディーコンシャツなどレス、3.プリント→アイコニックなランバンのアルページュ、靴のヒール、LANVANロゴ。
さすがのランバン、エレガントで迫力あるラインナップにオーダーもついついオーバーヒート!

16

17

18

19

20

21

 

▼そして、今パリのヨーロッパ写真美術館で、『Alber Elbaz/ Lnvin MANIFESTE』が行われています。アルベールエルバスの、パリ最古のオートクチュールブランド、ランバンへのオマージュを込めた写真展です。その中でエルバスは「ただ鑑賞するだけではない見る側の感性を刺激し、夢を与え、イマジュネーションを深めさせること。それこそが、見つめ、感じることにつながるのだと…。」述べています。エルバスの感性は、見る側にゆだねられているという、ファッションを愛する皆様へのエルバスの心の豊かさ、広さが感じられます。

22

 

オーナーバイヤー岩高

 

パリ バイイング 4日目 vol.1

40

パリバイイング4日目。サカイのショーからスタート。ハイダーアッカーマンと同じエッフェル塔横のトロカデロで行われます。

41

パリはほんの秋らしい天気なので、今回の出張は、ドリスのMA1が大活躍です。

 

▼サカイ、パリコレ会場前。世界からサカイを纏ったファッショニスタが続々と集まってきます。ここでこそ、サカイを独自に着こなすテクニックが学べます。女優の戸田恵梨香とタレントの秋元梢が、二人でサカイをバッチリ着こなしてました。

42

43

44

45

46

47

48

49

50

51

 

▼2016年春夏パリコレ、サカイ。昨年から今年にかけて海外への出店が続き、世界を代表するファッションブランドの地位を獲得したサカイ。フィナーレは、NYの性同一障害基金にも貢献するサカイのオリジナルTシャツを着た阿部さんが登場。ファッションを通して自分にも出きることをと、彼女の勇気と自信の決意を感じるショーでした。展示会は今月末、東京で行われます。

52

53

54

55

56

57

58

59

60

61

62

63

 

▼バイイングのショールームの移動の際に、意外と楽しいのが、地下鉄のポスター。今シーズンはポップな感じのイラストが目立ってましたね。パリはアーティストが活躍する街でもあります。パリ自体がアートなんですね。

33

34

35

36

37

38

39

 

オーナーバイヤー 岩高