2018秋冬パリコレクション Vol.8

1520493530145

▼メゾン マルジェラ秋冬パリコレクション。

「ドレッシング・イン・ヘイスト」急いで服を着るしぐさ、逆さまに服を着てしまったり、

コートをドレスの下に着るアイディアがデザインに落とし込まれ、

破壊的で幻想的な世界へと誘われます。

パリのショールームに入ると、宇宙のような青い世界が広がります。

それは、アーティストの「イブ・クライン」の宇宙に繋がる青の世界を再現しています。

そこには、フューチャー(近未来)を感じさせるネオンカラーと

スポーツミックスのアイテムが提案されていました。

画像はNGです。

1

2

▼MM⑥は、ロンドンで行われたコレクションが今回も特別にパリのショールームで紹介されました。

ロンドンのオーセンティックなイングリッシュパブ、The Running Houseと、

ワードローブの全てがシルバー1色でラッピングされました。

パブに置かれたソファー、椅子、ワインボトル、グラスは全てシルバーに。

デニム、ニット、コート、バッグ、ブーツ等のワードローブも全てシルバーに。

テーマは「影と光」。

影はアンリアル、光はリアル。

日常皆が集うリアリティーなパブは、その日一日だけは来る人も全てアンリアルなシルバーになったのです。

ユニークなMM⑥の秋冬です。

3

4

5

6

7

▼ドリスヴァンノッテン秋冬ショールーム。

いつものように世界から集まるバイヤーでかなり混み合っていました。

キラキラと装飾されたブルゾン、フェイクファーの襟がついたコート、バイカラーの羽織、

わざと素人がデッサンした感じにしたプリント、ミリタリーカラーのブルゾン、

ブルーのナイロンソ素材のロングコート、キルティングのロングコート、

ビッグサイズのボーダーのセーター、ウインターパステルのニット、フェイクファーのショルダーバッグ…。

世界から称賛と感動を導いたドキュメント映画の余韻が未だ心によぎる中、

ドリスヴァンノッテンのバイイングは、私にとって、癒しの時間でもあるのです。

8

9

10

11

12

13

14

15

▼ハイダーアッカーマン、ショールーム入ると、直ぐに目に入ったのは、冬の優しいピンクです。

いつものスエット素材のジャケットは、強い女性の意外な内面を表すかのように、

袖口や背中の裏側に幾重のフリルが施されています。

そして、今回特に際立ったのがレオパードプリント。

得意のブルゾンはタオル地のような滑らかな素材が着る人を優しく包み込みます。

また、シルクのブラウスは繊細なフリル使いがレオパードのフェミニンさを上手く表現しました。

ハイダーアッカーマンの奏でる強くそしてフェミニン。

大胆且つ穏やかな素敵な秋冬パリコレクションでした。

16

17

18

19

20

21

22

オーナーバイヤー岩高

2018秋冬パリコレクション Vol.7

20180305_112853

▼サカイ秋冬パリコレクション会場前。

きりがないほど続々とお洒落な人達が集まってきます。

特に目立ったのはカラーと色の組み合わせ。

様々なアイテムとの組み合わせが目を惹きます。

その他、オーバーサイズ、カラーブロック、ネオンカラー、プリント、エコファー、

ロングスカート、デニムパンツ、スニーカー、キルティング、レオパード、サングラス….、トレンド真っ盛りです。

今回のパリコレではサカイのゲストが一番華やかでリアル。

世界のお洒落な人たちを集めるサカイ、流石ですね。

24

25

26

27

28

29

30

31

32

33

34

35

36

37

38

39

40

41

42

43

44

45

46

47

48

49

50

51

52

53

▼サカイのショー会場は、先シーズンと変わってマレ地区で行われました。

中はコンクリートの打ちっぱなし。

会場は5階ですがエレベーターが1台しかなく長蛇の列、やむ無く階段で上がります。

息切れして会場を見渡すと、どうやらパーキングを貸し切りにしているようです。

また全招待客が前列で見れる配置になっていました。

今からショーが始まります。

54

55

56

57

58

59

▼サカイ秋冬は、あらゆる服のアイテムを自由自在に駆使し、服の既成概念を破り、

新たなアイテムに作り変えたアバンギャルドなセンスが光るコレクションでした。

左右全く違うアイテムを張り付けた服、カラーブロック、キルティング、ダウン、ツィード、

チェック、レオパード、ゼブラ、ストライプ、プリーツ、フェイクファー、エスニック、フリンジ、

スリット、ボリューム、シースルー、左右違うシューズ、ミックスマテリアル&ディテール…。

『着こなしにルールなんて無いはず、楽しむべき』とデザイナーがエールを送っているような力強いコレクションでした。

展示会は今月末東京で行われます。

61

62

63

64

65

66

67

68

69

70

71

72

73

74

75

76

77

78

79

80

81

82

83

84

85

86

87

88

89

90

オーナーバイヤー岩高

2018秋冬パリコレクション Vol.6

20180304_181552

▼オリビエティスケンスのマレ地区のショールームは彼のアトリエと併用した

モダンな空間でひっそりと展示会が行われます。

自然の光が射す、ソファースペースは、

大量の白バラとチューリップが彼のクリアなセンスを物語ります。

秋冬コレクションは、女性の少女らしさと大人らしさの二面性をテーマに、

繊細なレースのハードなジャケットやレザーコートを合わせ、

カラーはより深いブラックを中心に、アクアグリンやパープル、レオパード等、

アブストラクトな色合いが登場しました。

🌟マトッテイでは3月17日から4月1日迄、

春夏オリビエティスケンスの商品を一同に集めご覧いただけるトランクショーを予定しております。

1

2

3

4

▼オスカーデラレンタ秋冬パリコレクション。

彼の生前、彼のアシスタントデザイナーだった二人が、

休日NYのアップステートのcloister(クロイスター)に一緒に

リゾートに行った頃の思い出が詰まったコレクション。

自然溢れるクロイスターは、森や山の渓谷や深い緑が溢れ、花や動物や虫達が戯れます。

そこから沢山のデザインソースを産み出し、

ナチュラルでロマンティックな秋冬コレクションが完成しました。

勿論、華やかなドレスも沢山発表されました。

5

6

7

8

9

10

11

12

▼ニナリッチ秋冬コレクション。
先日のパリコレで、美しいパリ女性をずらりと発表した

ギョームアンリの秋冬の女性像は「インテリジェントな女性」。

本来のフェミニンさに知的と教養を兼ね備えた格好いい引き締まったインテリジェントウーマンです。

プレコレクションから続く赤がそれを象徴し、

差し色のパステルピンクやブルー、スキンカラーがインテリジェントな女性だけど、

内面は繊細なフェミニンさを持ち合わせた、魅力溢れるニナリッチガールを表現しています。

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

オーナーバイヤー岩高

 

2018秋冬パリコレクション Vol.5

 toogood1

▼ロンドンで活躍するアーティストの姉妹が手掛けるtoogood(トゥーグット)。
秋冬は「ランドエスケープ」がテーマ。果てしなく続くイギリスの広い大地からのインスピレーション。

幾重にも重なる去る地層や、地図に良くみられる土地の高低差に見られる大地のレイヤー。

彫刻や陶器のスカルプチャーによる、大きすぎるボタンやボタンホールを使ったアーティスティックなアイテムは、

10個限定のシリアルナンバーが別タグにプラスされたメイドインハウスとして新作発表されていました。

昨シーズンからメンズのシェルター2でスタートしましたが、次の秋冬からレディースでもスタートします。

自然を愛するtoogoodは、きっと女性の日々を優しく包んでくれることでしょう。

 toogood2

toogood3

toogood4

  toogood9

▼マレ地区にあるピカソ美術館にいつかは行こうと思ってましたが、初めて行けました。
建物もおしゃれで、写真の撮り応えありでした。

 ピカソ2

ピカソ7

ピカソ8

ピカソ9

 

▼マレ地区のピカソ美術館の作品群です。
 最後に本人の写真です。

ピカソ10

ピカソ12

ピカソ13

ピカソ15

ピカソ16

ピカソ17

ピカソ18

ピカソ20

ピカソ21

ピカソ22

ピカソ24

ピカソ25

ピカソ26

ピカソ27

ピカソ28

ピカソ29

ピカソ30

ピカソ33

ピカソ34

ピカソ35

ピカソ36

ピカソ38

ピカソ39

朝、コレットの前を通りました。
あんなに活気があったのにショーウインドウはふさがれ、落書きが・・・。

応援メッセージもありました。

コレット1 コレット3

コレット2

オーナーバイヤー岩高

2018秋冬パリコレクション Vol.4

20180303_191247

▼2018年秋冬アンドゥムルメステール、パリコレクション。

美しいランウェイ。今からショルームでバイイングに向かいます。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11 12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

32

33

34

35

36

37

38

39

40

41

42

43

44

▼アンドゥムルメステールは、先の1月に行われたメンズコレクションに続いて、

詩人のウィリアム・ブレイク「傑作無垢と経験の歌」から、

男性と同等な対話を今回のウイメンズコレクションに引き継いでいます。

ショーは全くの黒白の世界。

そして、ジャケットの肩は狭く高く尖り、袖や裾は思い切り短くカットされ、

下に着るセーターやブラウスをおもむろに見せつけたシルエットは大胆さと規律さの両方を実現させています。

コレクションの中でのウィリアム・ブレイクの声の反響は、

男性と対等に扱われ、解放された自由な女性の肖像を描き、ロマンチシズムを高らかに歌い上げました。

45

46

47

48

49

50

51

52

53

54

▼アンドゥムルメステールのショールームのフラワーアレンジメントは、グリーンが春を告げます。

花器との色やバランスにもセンスを感じさせます。

55

56

57

58

59

60

▼マルジェラのコート下のアイテムをご紹介。

ボリスの厚手のスエットと、リックの新作のカーゴパンツはとってもスッキリして相性抜群です。

足元はリックのレザースニーカーで大人のストリートカジュアルが完成です。

バッグは新作のコーネリアンタウラスの自衛隊のテントの幌で使われている頑丈な素材です。

ショルダーにもトートにも両方使えます。

ミリタリーな色目は、黒のスタイリングにとても映えますね。

61

62

63

64

65

66

▼今日はマルジェラのブーティーでマレ地区をかなり歩いたので、カフェへでひと休憩。

そこへ青田社長と遭遇!シャンパンで軽く乾杯のつもりが結構話に花が咲きました。

こんな偶然もパリコレだからこそですね。

67

オーナーバイヤー岩高

 

2018秋冬パリコレクション Vol.3

22

▼ハイダーアッカーマン、2018年パリコレはいつものエッフェル塔横の美術館で行われました。

(バタバタでエッフェル塔撮り忘れた(^-^;)

パリコレもショーによってゲストの顔ぶれや

ファッションの違いを感じられるのもパリコレの別の味わいかたです。

ハイダーアッカーマンは見事に個性が違う人達が集まります。

このブランドが如何に世界中の幅広いファンから指示を得ているかわかりますね。

満席で熱気溢れるハイダーアッカーマンのショーは、幻想的なスモークがスタートを合図し、ピアノとオーケストラの音響が静かにモデルを導きショーが始まりました。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

▼2018AW ハイダーアッカーマンのCollectionです。

満席で熱気溢れるハイダーアッカーマンのショーは、幻想的なスモークがスタートを合図し、

ピアノとオーケストラの音響が静かにモデルを導きショーが始まりました。

優しさの中にも強さを感じさせるショーでした。
 

優しいパステルカラー、ヒビットなイエローオレンジ、カラータイツはエレガントなブルー、

パンチのあるイエローグリーンのボトム、赤土のようなブラウン、金糸のジャーガード、

まるで、色鉛筆を縦横斜めに一度に並べたような沢山の綺麗な色が

ハイダーアッカーマンの手によってデザインと化し、次々と登場します。

シルエットも彼らしい細く長く、ウエストには細く長いベルトがそれをさらに強調します。

今までの尖った強い女性を、穏やかで平和を象徴するような優しい女性像を見事に演じて見せました。

最後は拍手喝采の中、デザイナーが迎えられました。

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

32

33

34

35

36

37

38

39

40

41

42

43

44

45

46

▼ハイダーアッカーマンのショーに来られていた、和服の女性は、

ピカソも絶賛したと言われる、20世紀最後のフランスの巨匠、バルティユスを支えた節子婦人でした。

ハイダーアッカーマンのパリコレのFacebookにこの女性をアップさせていただきましたら、

直ぐにマトッテイの二人の顧客様から節子婦人についてご存じだとコメントを頂きました。

バルティユスご夫妻と、ハイダーアッカーマンの若いときからお二人の親交がある画像がありましたのでご紹介させていただきます。

47

48

49

オーナーバイヤー岩高

2018秋冬パリコレクション Vol.2

5449

▼オリビエ・ティスキンス、2018秋冬パリコレ会場前は個性的なファッションマニアが集まります。

会場内にはアメリカンヴォーグのスタイリストもみえ、

世界的にもかなり注目度が上がっているのを感じます。間もなくショーが始まります。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

▼オリビエティスケンスはデザイナー自らが独立してから3シーズン目を迎えるパリコレ。

得意のドレスとレザー、そしてレース使いが、強くてしやなか、

そしてフェミニンにミックスされたファッションマニアにはたまらないモード溢れるコレクションでした。

パリのラグジュアリーブランドは、話題性のあるデザイナーを起用し、

デザイナーはブランドのバックアップを得てファッションショーを発表していきます。
しかしティスケンスは、自ら立ち上がり全て自身でこのショーを開き、

その事が如何に困難であり、大切なのかを知らしてくれます。


ショーのフィナーレには、その勇気溢れる姿に拍手喝采が鳴り止みませんでした。


マトッテイの顧客様も彼の卓越した感性をブランド名ではなく真のファッションとして確実に評価しています。

期待のバイイングは明日です。

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

オーナーバイヤー岩高

2018秋冬パリコレクション Vol.1

59

▼バイイングスタートはいつものオペラ座前から。

今日は氷点下と雨という天候に合わせて、

オーバーサイズのコートの下にランバンの白のファーを着こんだ暖ったかスタイルです。

また小雨にはレナードプランクの帽子がピッタリ。

バッグはマルジェラがこの春ローンチした新デビューの「グラムスラム」。

ボトムはレザーレギンスに、歩き回れる少し派手目なゴールドのスニーカーです。

1

▼社長のパリスタイリング。
マルジェラのリメイクされたミリタリーコートは、かなり分厚いハードコットン。

オーバーサイズで下に着込めるので冬でも暖かいコートです。

バッグは新作のコーネリアンタウラスの自衛隊のテントの幌で使われている頑丈な素材。

足元はリックオウエンスのレザースニーカー。

こちらも春夏の新色のベージュのソールでスポーティーに仕上げます。

2

▼ロンドンで活躍するアーティストの姉妹が手掛けるtoogood(トゥーグット)。

秋冬は「ランドエスケープ」がテーマ。

果てしなく続くイギリスの広い大地からのインスピレーション。

幾重にも重なる去る地層や、地図に良くみられる土地の高低差に見られる大地のレイヤー。

彫刻や陶器のスカルプチャーによる、

大きすぎるボタンやボタンホールを使ったアーティスティックなアイテムは、

10個限定のシリアルナンバーが別タグにプラスされたメイドインハウスとして新作発表されていました。

昨シーズンからメンズのシェルター2でスタートしましたが、次の秋冬からレディースでもスタートします。

自然を愛するtoogoodは、きっと女性の日々を優しく包んでくれることでしょう。

3

4

5

6

7

8

9

10

11

▼ニナリッチパリコレは、シャンゼリゼ通りを少し北に上がったハイクラスな建物で行われました。

ショーにはニナリッチのイメージでもあるトレンチコートやストレートラインのコートをシックに着こなす姿が印象的でした。

勿論、トレンドを超越したお洒落マダムたちも健在でした。

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

▼昨年からグッチがエコファー(フェイクファー)宣言をしてから、

2018年秋冬のファーの方向性が論議をかもしそうなこのパリコレ。

その矢先、私がコート下にランバンのリアルファーを着てたのがカメラマンの目に留まって、リアルかフェイクか聞かれました。

コートを脱いで写真を撮らせてほしいと言われましたので、どこかの雑誌で取り上げられるかも(^o^)。

因みにパリは治安が悪くスリに狙われるので、ファーは外ではチラッと見せる程度に着こなして、

基本的には室内で楽しむようにしています。

しかしこんな時、ヒール履いてたかったですね(^-^;

28

29

▼2018NINA RICCI AW collectionです。
場所は凱旋門近くで、アールヌーボーで華やかな場所です。

キレイな色が生えるニナリッチに最適の環境です。

ショー会場は元商工会議所立ったとは思えない程の豪華なシャンデリアや壁面がフランスの美意識を感じさせます。

そして、ニナリッチを着こなすスタッフは流石にお洒落です。

コレクションのインビテーションチケットも美しいスキンカラー。

間もなくショーが始まります。

30

31

32

33

34

35

▼2018年、ニナリッチは風をはらんだブラウスから軽やかにスタート。

パウダーピンク、薄いブルー、ホワイト、ライトグレーといった淡いパステルカラーに、

赤と黒が少し毒々しくスタイリングをキリッと締めているのが印象的でした。

優しくそして美しいニナリッチガールに見とれて、あっという間にランウェイが通り過ぎました。

36

37

38

39

40

41

42

43

44

45

46

47

48

49

50

51

52

53

54

55

56

57

58

▼ニナリッチのショーが終わって部屋を出ると、何とモデルが勢揃いでお見送り。

最後に洒落たサプライズ演出に感動しました。

59

60

オーナーバイヤー岩高

2018年秋冬東京バイイング報告

33

▼2018年秋冬のバイイングで東京に来ています。
08サーカスは、朝陽が射し込む南青山のお洒落なスタジオで展示会が開かれました。

1

2

3

4

▼商品とショールームの雰囲気がマッチングした感性の高さに脱帽です。

5

6

▼今回はラシャンブランの有島が初めて展示会に同行。

デザイナーの森下氏とも逢えました。

さあ初のバイイングスタートです。

7

▼08サーカス秋冬は、いつもの透明感あるコンテンポラリーなワードローブに

ヴィンテージなプリントがスパイスを効かせたレトロなスタイリングが

またひとつランクアップを感じさせてくれました。

また、メンズアイテムからも、スポーティーなアウターやリラックスしたアイテムをセレクト。

来秋冬はメンズ&レディースミックスのセレクトに是非ご期待ください。

8

9

10

11

12

13

14

15

16

▼南青山のクリントン・ストリート・ベイキングに飛び込みで急いでランチ。

ここのお店のフィシュサンドが意外に美味しかったです😋🍴💕

17

18

19

▼2018年秋冬サカイプレコレクションは、

ニューヨークタイムズ紙が掲げた「真実(Truth)」という精神を根底にした力強いコレクション。

安っぽいデザイナー達は、プライドよりも売上重視のコピー商品を繁栄させる時代。

それに抗議すべく立ち上がる阿部千登勢は、

自信の信念とアイデンティテイをベースに秋冬も新たなデザインに挑戦しています。

ラシャンブランのセレクトは、ハワイアンパターンのブラウスや、アーガイル、

フラワーのセーターやプリント、チェックのセーター、デニム等、

もちろん毎年人気のダウンやMa1もオーダーしました。

常に現状に満足せずチャレンジを続けインディペンデントそして大胆。

デザイナーの気迫の溢れるコレクションにご期待ください。

20

21

22

23 24

25

26

27

28

29

30

▼サカイの展示会の後は、青山のショップをチェックします。

ウインドウはいつもシーズンの代表的なテーマやアイテムがアーティスティクに表現されています。

今回は人気のTシャツのロゴのイラストが大きく打ち出され、

パリコレのトップスタイリングが貼られていました。

秋冬パリコレは3月5日に決定。今から待ち遠しいです。

31

32

33

34

▼続いて、青山のドリスヴァンノッテンのショップへ。

ウィンドゥは春夏商品が美しくディスプレイされていました。

来週にはマトッティに春夏コレクションの第一便が届きます。

35

36

37

▼2018年秋冬MM⑥のテーマは「レディー ウェン トゥウェア」(造語)=「着たい時に着ることが出来る服」。

代表的なスタイリングから6つの着たい服がピックアップされていました。
①冬にも着れる中綿入りのトレンチコート
②フェイクファーのペトロールグリーンのジャパニーズバッグ
③張りのある素材のミリタリージャケット
④袖が外せる多様化したコート


⑤ウエストの紐で表情を変えるダウンコート


⑥柔らかい表情を持つモール素材のコート。


オーセンティックな時代のアイテムを、

現代にオーバーラップさせたMM⑥のクリエーションにご期待ください。

画像はNGなので、お洒落なショールームのフラワーアレンジだけアップさせていただきました。

38

▼2018年秋冬マルタンマルジェラ、プレコレクション。

パリでインフルエンザにかかってしまったので東京で改めてバイイングです。

コレクションは1950年代のフェミニンな中に色んなムードが落とし込まれた女性像が描かれていました。
①デコルテ(肩)のスリットからほんの少し肌が覗いてセクシーさを感じさせるマスキュリンなコート
②マリリン・モンローを彷彿させるセクシーでフェミニンな真っ赤な口紅色がポイントの様々なアイテム
③ストッキングからイメージする透け感があしらわれたドレス

そして「GLAM SLAM 」と名付けられたアイコンバッグは、

新たにA4サイズとチェーン付きミニショルダーが登場です。

デザイナーのジョンガリアーノは先月末にパリで

アーティザナルのオートクチュールコレクションを大好評で終えたばかり。

その彼の直後の息のかかったコレクションはきっとどれも欲しくなるものばかりです。

残念ながら画像はNGです

▼東京バイイング最後のブランドはユナイテッドヌード。

南青山のお洒落な一角にあるショップの奥が展示会スペースです。

赤のチューリップを中心に華やかな秋冬物がとっても綺麗に並んでいました。

特に気になった色は赤。

昨年大好評だったブーティーの新色で登場です。

エコファー付きもまだまだヒットしそうです。

そして青田夫妻の心こもったおもてなしに、ついついあっという間に時間が過ぎてしまいます。

39

40

41

42

そしてマトッテイとラシャンブランでは、2月27日まで、春夏ポップアップを開催中です。

UNITED NUDE POP UPイベント

春の訪れと共に足元からお洒落を先取りしに入らしてくださいね。

3月1日~9日迄パリコレの為、マトッテイのみ閉店しております。

 

オーナーバイヤー岩高

 

 

2018年秋冬パリコレバイイング報告 Vol.6

43

2018年秋冬パリ、プレコレクション終了しました。

最後の日は外で食事をという気分にもなりホテルの近くのカフェに寄りました。

(病み上がりの顔ですみません)

またメーカーやブランドの方々には、アポイントの多々変更や、

展示会場でのお気遣いも頂きました事、この場を借りてお礼申し上げます。

勿論その為バイイングはしっかり出来ましたのでご安心下さい。

最後に、今回のバイイングで強く感じた事をまとめさせていただきました。

それは、各デザイナーがそれぞれ「対比」に視点をあてていたということでした。

ニナリッチは、ステージ=表舞台と裏舞台の対比。

そしてパープルとレッドを組み合わせる強烈な色の対比。

オスカーデラレンタは、秋冬商品に海の生物等をモチーフにしてデザインしたという対比。

そしてカジュアルな海のモチーフをドレスに生かすという大胆な対比。

アンドゥムルメステールは、ジャケットなのに袖と丈が短く、

ベストなのに丈が長く、そのデザイン性の対比。メンズとレディースの対比。

ハイダーアッカーマンは、ラグジュアリーで華やかな人達と

世界とマイノリティな民族のローカルチャーの美の対比。

それぞれが対比から生まれる新しい美です。

バイイングにしても、ハイテクが進み画像と価格があれば

バイヤーでなくても誰でもオーダーをとることは出来るでしょう。

また、ある程度の売れ筋データが有れば誰でもバイイング出来るでしょう。

しかし、長く私の店に通い続けてくれるエグゼクティブで知的で感度の高い

キャリアな顧客様を満足させる商品は、現地でデザイナーの意図を感じ、そして共感し、

微妙なサイズ感や仕上げのスタイリングまで考えたローテクなバイイングからしか生まれず、

それは私にしか出来ないのです。

時代は今、ハイテクとローテクが混在しその差は拡大して行きます。

それはとても過ごしにくく違和感があると思われますが、

人々はその困惑する中でも器用にも新しい生き方を見つけていけるのではないかと思います。

その為にパリまで行くわけですから体調が悪くてもバイイングを休むわけにはいかないのです。

パリで診察を受けた病院は大きな病院でしたので設備面では安心はしていました。

しかし言葉が通じないとか多面でとても不安でしたが、

そこにおられる日本人の先生の姿を見ただけで不安が無くなり、

さらに基礎的で的確な診断を受けただけでほっとして治った気になったほどでした。

サイエンスな世界だけでなく人の暖かさ無しでは何も完結しない…。

ここでも対比の必要性を感じさせました。

今回も沢山の事を経験し感じたことを、自分のお店で活かしていきたいと思います。

では明日から春夏のコレクションをご用意し皆様のお越しを心よりお待ちしております。

オーナーバイヤー岩高

4102

★ザ・ロウとクロスは画像NGでお見せできませんが素晴らしい内容でバイイング終えております。

また、マルタンマルジェラ、MM6メイン、08サーカス、

サカイプレコレクションは2月東京の展示会でオーダー予定です。