「コロナ癒されたいファッション」スタート!

20200124

コロナ撃墜ファッションとは反対に、コロナ禍の日々をファッションが癒してくれるアイテムやスタイリングのご紹介シリーズ始めました。

●コロナ癒されたいファッション1

ニナリッチのボリューミーブラウスのご紹介。

71999

ベージュのボリューミーなニナリッチのブラウスは、優しい色合いと少し張りのある素材が高級感に溢れています。マスクで見えないけど、口紅も少し付けて女性らしさを然り気無くアピールできると良いですね。

72001

今日お花はヒヤシンスとスイートピー。お花にも癒されますね。

 

72003

72004

店内はニナリッチの新作と×新ブランドのバリー「BARRIE」のスタイリングをご提案しています。

では、バリー「BARRIE」についてご紹介します。

 

BARRIE

1903年、カシミヤの最高峰ブランドとしてスコットランドで誕生。設立から数十年間に渡り有名なメゾンとして活動を続ける。2012年にシャネル(CHANEL)の傘下となり、2014年バリー (BARRIE)としてニットウェアブランドをスタート。2018年からアーティスティック ディレクターにオーギュスタン・ドルマイヨールを迎え、洗練されたグラフィックのセンスやストリートウエアのテイストが取り込まれ、Barrieを新しい次元へと押し上げた。Barrieが培ってきた歴史を大切にし、希少な素材とのブレンド、エクスクルーシブな色での染め、幾つにもわたる手作業での工程を経て、アイテムは生まれます。3Dやトロンプルイユのニットは、工場での職人やエンジニアたちの全て手作業により生まれパリのスタジオでもクリエイティヴな要素が加えられます。伝統と技術に加え、革新性、創造性、デザイン性へのアプローチが際立つカシミヤニットブランド。

 

とてもかわいいBARRIEはニナリッチとスタイリングの相性がとてもよく、デイリーを心地よく過ごすことのできるカシミヤブランドです。

国内でも希少なBARRIE、ぜひ皆様も合わせてみてください。

 

●コロナ癒されたいファッション2

72008

ニナリッチのベージュのトレンチコートを着ると優しく心と体を包んでくれる癒しのアイテムです。シルクの裏地付なので今日のような寒さが和らぐ日にはもう着れますね。

72010

72011

72012

72013

ニナリッチのトレンチは左右と後ろ身頃にもう一枚同素材があしらわれたオシャレなデザイン。

72015

人気の襟の後ろのNINAのロゴも、今シーズンもバッチリ入っています。

おしゃれを先取りしてる女性を見ると「やっぱお洒落しなきゃね~」と改めて気の引き締まる思いの今日この頃です。

感染対策しっかりして、明るい春物が揃った店内で皆様のご来店を心よりお待ちしております。

オーナーバイヤー岩高

「コロナ撃墜ファッション」スタート!

IMG_6529

2021年、1月も後半に向かいます。

先週は11都府県に緊急事態が発令され、更なる不透明で先の見えないスタートです。

そんな年明けにもかかわらず、早々に沢山のお客様にご来店いただきましたこと改めて本当に感謝しております。

このようなお客様のご来店の真の意味は、私たちが販売しているものは単なるファッションや洋服ではなく、今を楽しく過ごせる、

また今まで通りの生活、そして楽しい未来の復活を信じてもらえる素晴らしい物、事、時間、なのだということを深く感じたのです。

仮想で実物を見ずに物が売れるネット販売が先行しがちですが、私達のようにショップという実店舗の存在の意味が、

コロナ禍によってより意義のあるものだと教えてくれたのです。本当に感謝しかありません。

そのMATTOTTIへの皆様の期待感に応えるべく、1月から一つの挑戦をさせていただくことにしました。

そのきっかけになったお客様からの激励の一部のご紹介。

①年末ご来店されたお客様のおひとりから

お客様 「岩高さん、これからはSNSで岩高さんのファッションをもっとアップすることがきっと素晴らしいことにつながると思うよ!」

私 「いや~、私は黒子でいいので、画像はちょっと苦手…。それにきれいに映らないと見てる人も嫌になるでしょう…」

お客様 「そんなことないよ、岩高さんのそのままでいいのよ。いや、そのままがいいのよ。」

私 「…そうですか…。どうしようかしら…。」

②年始のFBアップのコメントに大学の先生からも

先生「岩高さん素敵なので専務のスタイリング集をインスタにもあげてほしいなあって思います!」とコメント頂きました。

コロナ禍だからこそ、人々は温かいコメントや、勇気、希望を感じたいんだと改めて思いました。

自分の生活やファッションを表に出すことは、自己主張がありすぎて、嫌がられるのではないかという不信感を抱いていたのが事実ですが、

皆さまのお優しい気持ち、MATTOTTIに期待してくださる気持、元気になりたい気持ちに応えることが、

これからの私に求められていることだとようやく理解したのです。

パリ、ミラノ、NYから、コロナ禍にもかかわらずお店にはデザイナーの魂のこもった新作が届きます。

ヨーロッパこそ新種のウイルスが拡大真っ只中なのに、どうやって商品を作ってるのか…。

流石パリコレブランドの揺るぎない生産基盤とファッションに携わるプロ意識を改めて感じています。

凄い…。そんな新作が届くたびに涙が出る1月です。

これも今までにはなかった気持ちであり感動です。

なんだか涙もろくなるのは歳のせいかもしれませんね…。

2021年は、その魂のこもったファッションを自分の独自の感性のフィルターを通し伝えていくことを

使命に精一杯自分を取り巻く方々に貢献できるよう努めてまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

IMG_6529

さて、ブログ冒頭のスタイリングは、バルマンのミニワンピース。

これ、以前取り扱っていた時のバルマンなのでもう数年前のワンピースなんです。

時を経ても全く変わらないバルマン。コロナ禍で再びマトッティでこの春からリスタートしました。

デザイナーは変わらず、若きオリヴイエルスティンですが、少し前からロゴを変えて、

Tシャツやバッグ、トレードマークの金ボタンも刷新されたバルマンです。

IMG_6530

IMG_6531

店のトルソーのジャケットはニット素材。しなやかなシルエットはニットならではのフィット感と着心地の良さが味わえます。

ボトムに今シーズンお勧めのマルジェラのバミューダパンツをスタイリングしました。

IMG_6533

こちらのスタイリングは、今幅広い年代に人気のメゾンマルジェラのバッグのスタイリングを合わせました。

春夏新作のバッグとバミューダパンツがお勧めです。

IMG_6405

IMG_6406

IMG_6536

IMG_6537

IMG_6538

こちらはマルジェラのTシャツにランバンのオーバーサイズのブルゾンとアンドウムルメステールのパンツです。

オレンジュームの黄色のの花が「春~よ来い」と呼んでます。

自分では「コロナ撃墜ファッション!」と銘打って、着ても、見ても、元気の出るファッションをご紹介して参ります。

皆様の温かいコメントもお待ちしております!

オーナーバイヤー岩高

2021春夏コレクションバイング報告vol.4

oblog1229

 

今年もあと3日となり、間近に迫る2021年。

コロナ禍とAIの進化により消費トレンドの変化はさらに加速していくことが予想されます。しかしファッションは、安いもので十分…、お洒落する必要がない…、華やかな服を着ていく場所がない…、シンプルなものでいい…、という声が聞こえてきます。まるでファッションだけは時代の進化に逆行しているように感じる声です。しかしこの半年で、そのリアルな声こそが私を変えてくれたと思えるようになりました。

未来の地球環境を守る為にファッションデザイナーやアパレル企業はサスティナビリティーに真剣に向き合うようになりました。マトッティはその代表といえる「パトウ」を新ブランドとして投入します。

家で過ごす事が増えその時間を豊かにするために、家でも外でも気軽に着られる上質なスコットランドカシミヤのブランド「バリー」にも出会いました。ベルギーのリアルクローズ「メゾンウレンス」もベーシックで控えめなタイムレスなコレクションです。

マトッティのセレクトとスタイリングは、僭越ながら自信をもって臨んできましたが、2021春夏は新ブランドと既存ブランドとのミックススタイリングが更に新しいスタイルを生み出し独自のファッションタイルをご提案していけると確信しています。これからも皆様の新しい生活スタイルに、マトッティが必要とされる事こそが私自身の挑戦であり使命だと決意しております。

そしてもう一つ報告があります。

La cham blancはVintage(古着) shopへ

ラシャンブランは、来春から新たにヴィンテージにこだわったセレクトに生まれ変わります。時代を経たものはそれを愛してきた人々の温もりとフィロソフィーに溢れています。毎シーズン発表される新コレクションは、斬新であり私たちのライフスタイルには欠かせないものです。しかし一方古着はこれからの新時代のファッションの楽しみ方の可能性を秘め新たな価値観を生み出すと感じるのです。

ラシャンブランはマットッティグループの顧客様のご不要になった古着をお店に並べさせていただいておりますが、その皆様の愛着が感じられる古着は、これからも多くの人達へ偶然の出会いというミステリアスを生み出し、自分だけの特別な一着へとなっていくでしょう。この循環こそ未来を変えるサスティナビリティーです。マトッティではもう15年前からサスティナビリティーを始めていたのですね。自分でも驚きです。

コロナ禍で人との距離感と個の世界が強まり、新しい生活様式へと転換していく中、ラシャンブランが皆様の心の泉になれるよう努めてまいります。

*ラシャンブランで取り扱いのMM⑥とユナイテッドヌードは2021年春夏よりMATTOTTIのセレクトとして再登場いたします。

是非ご期待くださいませ。

MATTOTTI、SHELTERⅡ、La cham blanc全てが、服が持つエネルギーを示せる店であり、皆様の心を満たす店であるようこれからもスタッフ一同で精一杯努めて参ります。

新年も皆様にお会いできます事を楽しみにお待ち致しております。

何卒宜しくお願い申し上げます。

オーナーバイヤー岩高

*年内は29日まで年始は1月4日より営業いたします。

2021春夏コレクションバイング報告vol.3

DM用PATOU

 

 

●PATOU

DM用PATOU

パトウは来春夏からの新ブランド。既にこの10月、マトッティセラータで秋冬のポップアップを行い大変好評を得ていました。デザイナーのギョウームアンリは、ニナリッチとカルヴェンのデザイナーだった時からマトッティで取り扱っていたのでご縁のような親近感を感じていました。ファッションがサスティナビリティーへ密接になるうえで、パトウはその意思表明にいち早く取り組んだブランドといえます。詳しくは新ブランドのプロフィールでまた説明させていただきます。

●THE ROW

最後はザロウ。東京の展示会場にサンプルは無く、小さな生地見本のみの用意でした。モデルのルックはニューヨークから届いており大きなテレビ画面で営業の方が説明をしてくれました。しかし大きな問題があり、来春夏商品が届くのが4月からとの事。これでは春先に着たいコートやジャケットは日本の気候では間に合いません。オスカーデラレンタと同様、コロナの拡大が止まらないニューヨークブランドの為と思われます。マトッティの顧客様から確実な信頼を得ているザロウでしたがこれも苦渋の決断でオーダーは見送ることにしました。来秋冬には納期の改善がされていることを期待しています。

●olivier theyskens 

70266

70267

オリビエティスケンスは、以前SNSでもご紹介したことがあるパリの新しいアトリエ兼ショールームでショーを行いました。彼が10代の多感な時期に自身の美意識に大きな影響を受けた歌手「ミレーヌ・ファルメール」へのオマージュが込められたコレクションでパリのプレスにも高評価を得ました。このコレクションは新型コロナウイルスの影響でパターンや裁断から縫製まで全てこのアトリエで行い完成させたようです。それと彼がコレクションのデッサンを全てipadで描いていると記事がありました。以前行ったアントワープの彼の回顧展では紙のデッサンが沢山飾られていたので、時代の変化に順応している彼のある意味現代に順応した才能も感じました。

ショーの数日後には、パリのアトリエのスタッフと、カナダにまだ足止めを余儀なくされている生産担当の方数名と、ZOOMでサンプル画像を見せてもらいながら約1時間程サンプルの説明を受けました。しかしパリの再感染拡大により実際に商品化できるかどうか未定との事。コロナはデザイナーの才能やファッションまで潰してしまうのではないかと悔しい気持ちです。

オーナーバイヤー

岩高

2021春夏コレクションバイング報告vol.2

DM用オスカー

 

●NINA RICCI 

DM用ニナリッチ

 

 

ニナリッチは大阪にサンプルが届くという連絡があり、サンプルを見ることに飢えていた私は直ぐに赴きました。久しぶりにサンプルを見る事が、とても有り難いと改めて感じました。その後も大阪にサンプルが揃うブランドは全て見に行くようにしました。そこで新しく見つけたのがカシミヤブランド「BARRIE」と、以前扱っていた「MAISON ULLENS」です。今まではパリコレのメジャーブランドしか扱っていなかった自分が仕入れの原点に戻る感触がありました。真夏の猛暑の中での展示会でしたが、足を運んで商品を探すという事に達成感を覚えたのを鮮明に覚えています。

DM用バリー

DM用メゾンウレンス

通常1シーズンにプレコレクションとメインコレクションと2回の発表と展示会がありますが、1回に絞られたブランドは、オスカーデラレンタ、ハイダーアッカーマン、アンドウムルメステール、ザロウでした。

HAIDER ACKERMAN

DM用ハイダー

ハイダーアッカーマンはモデルのルックと単品の正面のみの画像で型数も約15型と最小でした。定番ジャケットとシャツが中心でしたがどちらもハイダーらしい美しい商品でしたので10型ほどオーダーしました。人気のTシャツは残念ながらありませんでした。

●Oscer de la Renta

DM用オスカー

オスカーデラレンタはニューヨークブランドの為、コロナの影響を一番受けていると思われます。プレコレクションも数型のみのオーダーとなり華やかなニューヨークコレクションは開催されませんでした。しかしインスタグラムでは美しいオートクチュールのドレスや、デザイナーの二人の様子もアップされているので華麗なブランドの世界を是非感じて頂きたいと思います。

●ANN DEMEULEMEESTER 

DM用アン

アンドウムルメステールは、実は今年明けぐらいに既にデザイナーのセバスチャンムニエが辞任したと聞いていました。その後イタリアのアパレルの会社に買収されたと伝えられました。ベルギーもコロナ感染による非常事態が続いていることも要因です。担当の方から10月頭に東京で展示会があるとの連絡がありました。この頃は感染も一旦落ち着いていたので東京へ思い切って行くことにしました。久しぶりの東京でした。コロナ禍、外で人と接することが怖くなっていましたが、担当者やその他の方々の姿をみてホッとしたのを覚えています。

アンドウムルメステールはイタリアの会社に買収されて間もないことから、サンプルはもちろん無く、タブレットでモデルが着用した画像を見るだけでした。ルックも約10型ほどだったと思います。その中から定番のジャケット、羽織、チュニックTシャツ、レギンスパンツ等 5型のみのオーダーとなりました。マトッティの顧客様から支持の厚いブランドなので少しでも続けていきたいと思います。

●Maison Margiera(Paris main Collection)

DM用マルジェラ

アンドウムルメステールのショールームの向かいにあるマルジェラの展示会場には、パリコレクションのサンプルが揃うということで寄りましたが、急にサンプルが半分以上届かなかったということで、少量なサンプルとタブレットでの画像でオーダーしました。ジョンガリアーノによる時代を先導するジェンダレスなアイテムが揃い、久しぶりに楽しいコレクションでした。

 

 

オーナーバイヤー

岩高

2021春夏コレクションバイイング報告によせてVOL.1

BALMAIN PS21 WOMEN PRE COLLECTION 隱ャ譏手ウ・侭1024_1

コロナウイルスの世界的感染拡大により、自粛生活が続く今年もあと数日となりました。

皆様も不安を抱えながらの年末をお迎えになられていることと存じます。

マトッティも5月から店を再開し今日までご来店頂きましたお客様には心よりお礼申し上げます。

しかしファッション業界全般にコロナは容赦ない厳しさを突き付け、弊社も非常に苦戦を強いられる半年となりました。しかしスタッフ共々気持ちだけは前向きに踏ん張り、何とか来春夏を迎える準備が出来て参りました。

そこで今回、パリに行かずしてどのようにバイイングをしてきたのか、リモートでのオーダーは実際どうなのか、デザイナーやブランドは健在なのか等、ファッション業界とバイヤーの現状をお客様にお伝えする事が、お客様の大好きなファッションへの不安に少しでも寄り添うことができるのではないかと思いこのような報告をさせて頂くことに致しました。

さて、秋冬商品の入荷は予想通り大幅に遅れスタート、その上、約2割の商品はキャンセルという事態。しかし世界的感染の中、商品が作られそして入荷するという事実に、改めてブランドの生産力の凄さを感じました。

ファッションはまだ生きている…。そう実感できた半年でもありました。

そんな秋冬の流れと同時進行していたのが、来年の春夏のオーダーでした。いつもは6月と9月にパリへバイイングに行っていましたが、今は海外へすら行くことが出来ないので、春夏の商品のオーダーはどうやって進めていくのかという事がこの時の最大の懸念でした。では3回に分けて春夏のバイイング報告をさせていただきます。

●BALMAIN

BALMAIN PS21 WOMEN PRE COLLECTION 説明資料-1

まず6月早々に展示会の案内がメールで届いたのがバルマンでした。パリで行われたショールームとアイテムの画像は例年と同じ商品のボリュームでした。ロックダウンのパリでどのようにしてこれらのサンプルは生産され、モデルに着せ、会場に並ぶのか…。ファッション業界こそコロナの影響を受けていると思っていましたが流石パリブランドはコロナの中でも生き続けていると驚きました。

バルマンは数シーズン前まで取り扱いしていた事と他のブランドの展示会が行われるかどうか不安があったという理由もあり、高額な商品でかなり不安でしたが営業との電話での詳細やラインでのやり取りで数日かかりましたがオーダーに至りました。

●DRIES VAN NOTEN 

次に案内が来たのがドリスヴァンノッテンでした。実は3月の感染拡大の直前パリ行きをキャンセルし、特別にお願いしたところ、パリコレのショールック、全アイテム、カラーと生地の見本、絵型がメールで送られてきたので、初のサンプルなしでオーダーをしたのがドリスヴァンノッテンでした。しかし実際入荷すると、色が違う…、雰囲気が違う…、こんなに重いのか…、サイズが合わない…、とかなりのずれが生じていました。サンプルを見ないでオーダーしたことを悔やみました。今後サンプルなしでオーダーするしかないとなると、当然仕入れロスが高くなる訳で、バイヤーとして納得のいかない葛藤した秋冬でした。

そんな苦い経験の中、来春夏のデータが届きましたが、抽象的なイメージ動画と小さな正面画像しかありませんでした。オーダーまでの締め切りも数日しかありません。秋冬の葛藤と自分の納得いく商品しかオーダーしないという今までのポリシーを曲げることができず、来春夏のオーダーは見送る決断をしました。マトッティの代表ブランドだったドリスヴァンノッテンの代わりになるブランドも見つけられていなかったのですが仕方のない苦渋の選択でした。

●Maison MargieraとMM⑥ 

DM用MM6

マルジェラとMM⑥は東京でサンプルが揃うと連絡がありましたが、その時は東京へ行くこと=感染の確立が高い=お客様やスタッフにも感染させる可能性が高くなると判断し、この2ブランドもメールで送られる資料でオーダーしました。バルマンと同じく仕入れの経験があるからこそサイズ感やイメージも沸きやすかった事がサンプルなしのオーダーの選択に至ったと思います。

 

 

オーナーバイヤー

岩高

ファッションの力を感じた日

aa

1ヶ月ほど前、コロナで大学もリモート、バイトもカットで息子様が家に閉じ籠ってしまったとお客様からお聞きしていました。

お母様は息子さんの好きなブランドが揃うマトッティやシェルターに行こうと誘い、何とか家から出るよう色々と声をかけますが息子様は変わらず。

私もその事がずっと気になり心配していました。

秋冬のセールをスタートしたのでこれを機会に私とメンズの担当スタッフでお母様と息子様にお手紙を書きました。

そしたら、先日息子様とご来店されたのです。メンズのSHELTER2で大好きなブランドを!!!

お母様もマトッティで兼ねてから欲しかったムートンベストをゲット!!!とても楽しまれました。

息子様がこうしてお店に来られた詳しい理由はお聞きしていませんが、お母様の力は勿論ですが、私とスタッフが書いた手紙は

きっと息子様の心を動かしたのではないかと自負しながらも、これこそファッションの力!と感じた出来事でした。

2F008058-AE4E-4AAB-A6D3-6B18275E0158

773EBABB-E47B-4A7A-8DA3-B1A1C2B9EE97

BD66FE08-E88F-4C05-86F7-3A27DC8A94CC

81500728-EFA5-4013-8DDF-7426D1100A2A

そして画像はドリスヴァンノッテンのスパンコールとボルドーのスタンドブラウスが、

ファッションこそ心を満たせる物…ときらびやかな雰囲気を魅せてくれています。

年末年始、出掛ける予定も無くなった今、ファッションの力を借りて、楽しく明るい気持ちで新年を迎えられるよう願っております。

★年内は12月29日まで年始は1月4日より営業致します。

オーナーバイヤー岩高

White Winter BY ERMANNO SCERVINO

0blog1205


容赦なくコロナがひろがる不安な日々…。

神戸も北野も街並みはクリスマスツリーやキラキラ光る煌めきが輝きを放ち、今年を締め括る師走を迎えました。

コロナ禍でもやっぱりドラマティックなクリスマスを感じたいのは、皆さんも一緒なのかもしれませんね。

さて、マトッティセラータも今が一年で一番輝く時かもしれません。柔らかい上質なウールやチュール素材が醸し出すホワイトカラーは12月に一番相応しい色です。

 IMG_5969

 IMG_5970

IMG_5968

IMG_5966

IMG_5967

IMG_5972

IMG_5973

IMG_5971

 エルマノシェルビーノは、一足早いマークダウン価格で、これからのシーンに相応しいお洒落なホワイトウィンターをご提案致します。

オーナーバイヤー岩高

Thank you for My Birthday.

67781

BE8192B7-602E-4D86-8AAE-E331173D7C15-1024x792

皆様、沢山のお誕生日のメッセージ有り難うございます。

改めて幸せだと感じるのは、そばに居てくれる人、そして、離れていても側に居ると感じられるという事。若い頃は一人で何でもできると思ってたことが、歳を重ね、会社も拡大し、色んな苦悩も経験し、さらにコロナによる生活様式の大変化…。この歳になって本当に自分は色んな人に支えられてるということを感じます。

未熟な私のいつも側に居てくれる人達、気に掛けてくれる皆様に改めて感謝するのが誕生日。常に自分の未熟さに気づかされる私にとってはとても大切な一年で一日なのです。そして、中々口に出して言えない言葉を伝える一日なのです。

1FCBA9C6-5D88-4060-9CB2-ACC3649443EF

そして、オリヴィエティスケンスのバルーンスカートをバースデーに購入しました。既に色違いのグリンを持ってますが、あまりのお気に入りでブラックも購入したという訳。ようやくミニスカートもトレンド復活の兆しで、ミニ派の私としてはこれから楽しみも増えます。

DC2D271E-1CCB-49B9-9202-E4EF840E2C57

頂いたバースデーフラワーは早速マトッティセラータにディスプレイしました。

D4D2E392-96C2-4810-AA75-180965019B79

C4775024-D54B-4F76-B2C8-A4060A4154E2

C709660E-A5FE-42A3-88CD-16B299588304

C84E3026-4CF3-4AB2-B618-23CC0C6D5511

3FA63AE1-ECCF-4B3B-8F25-F241DDB72644

オスカーデラレンタの羽のコートドレスとオリヴィエティスケンスのドレスに囲まれてお花も一層豪華になりました。

気分はもうクリスマスですね。

オーナーバイヤー岩高

DRIES VAN NOTENの静かなきらめきアイテム

67093

今年もあと1ヶ月半、残念ながら感染が再び拡大して参りました。折角のクリスマスも静かに迎えるしか無さそうです。

でもマトッティではデイリーに楽しめるドリスヴァンノッテンのきらめきアイテムを使った、マトッティでしか実現しないブランドミックスの3スタイリングをディスプレイしました。

67093

67132

ご覧になったお客様からの「何かもうクリスマスって感じね✨🎄✨。欲しいものがあると心ウキウキ楽しくなるね。」とのお言葉に私も楽しくなるのです。

▼スタイリング①

ベロア地に敷き詰められたゴールド×ブラックのスパンコールは流れるラインを描き、全体に落ち着いた輝きを放ちます。同ブランドのベロアのラダースとオリヴィエティスケンスの上質なシルクタフタのバルーンミニスカートで軽快に。

67134

67135

67136

▼スタイリング②

鮮やかなグリンが映えるベルベットのフリル襟のベストには、ハイダーアッカーマンの黒のジャージにドリスのスパンコールブラウスを重ねたインナーを合わせました。パンツは細身のアンドウムルメルテールで大人カジュアルにお勧め。

67138

67139

67140

▼スタイリング③

ザロウのロングワンピースとダブルフェイスのカシミヤ混のウールのコートとポーチのミニマルでシンプルな装いこそお洒落上級者なのは承知の上。でも今シーズンはドリスのスパンコールが敷き詰められた付け襟をアレンジして華やかさをプラスしてみましょう。

67142

67143

67144

お洒落が何よりも自分のパワーの源。新しいファッションでコロナを吹き飛ばしましょう✨✨✨

オーナーバイヤー岩高