2019-20 AUTUMN & WINTER INSTALLATION

いつもMATTOTTIをご利用頂きありがとうございます。

6月13日(木)より【2019-20秋冬ご予約会】ページをウェブ会員様限定でHPに公開いたします。

受注会スライド

当店HPに会員登録をいただいているお客様は、HPにログインいただきますと

6月13日(木)以降トップページのブランド一覧内に[2019 -20秋冬ご予約会]のリンクが表示されます。

270 

各ページにはブランド展示会でのサンプル画像や、展開カラー、サイズなど

現時点でお伝えできる情報を公開いたします。

ご質問やご予約・入荷連絡のご希望は商品ページの【Contact】よりお問い合わせ下さいませ。

また会員登録がまだお済でない方は、是非この機会に会員登録をいただければ幸いです。

★ご登録手順とご予約の流れ★

ホームページ最下部の【会員登録はこちらから】をクリック

↓↓↓

各種必要事項記入後【登録完了】

↓↓↓

登録後、ホームページ最上部の【→login】、または最下部の【ログイン】をクリック頂き会員ページへ。

ご予約会のほかにも会員様のみご覧いただける限定セールなどもご用意しております。

今後もWEB会員様には特別セールやイベント情報も配信致しますので引き続きご利用下さいませ。

ご予約会は店頭でも実施しております。

ご来店のお客様はお気軽にスタッフまでお声がけくださいませ。

皆様のご来店こころよりお待ちしております。

 

2019秋冬パリコレバイイングVOL.7

270

▼2019年秋冬、ドリス・ヴァン・ノッテン。

『Rose is a Rose is a Rose is a Rose -薔薇は薔薇であり、薔薇であり、薔薇である 』

ガートルード・スタイン(Gertrude stein)の詞『Sacred Emily』(1913年)からの一節。

2018年10月に撮影されたドリス・ヴァン・の庭に咲く花々の

実際の写真をモチーフに使ったコレクション。

昨年の彼のドキュメント映画でアントワープ郊外の自宅の美しい庭園が公開されたシーンが記憶に甦ります。

緻密に計算された繊細なパステルカラーは、

ローズ、グリーンがかったブルー、ネオン・オレンジ、イエローなど、

どれもひんやりとした輝きを帯びます。

それらは動きのあるディテールを重ね、その色使いをぼやけさせたり覆い隠したりと、

巧みに表現しうっとりするような色彩と透明感が印象的なコレクションでした。

秋冬から新たにスポンサーを得てることで、

更に高揚する彼の美意識を感じさせるドリス・ヴァン・ノッテン、益々好きになってしまいます。

404

405

406

407

408

409

410

411

412

413

414

415

416

417

▼2019年秋冬オスカーデラレンタ。

 元々建築家を目指していた若きしのオスカーデラレンタは、その勉学中、

デザイン画を描ける自身の才能に気づいたのがきっかけでファッションデザイナーを目指したと言われ、

その転機がマドリッドの地。

 秋冬はそのマドリットがインスピレーションになっています。

コルドバの教会の内部の美しいアーチやタペストリーから沢山の柄やアイディアが生まれました。

また、メンズの生地を使ったツィードや、アースカラー使い等も更にバリエーションを豊富にしています。

 今年はいよいよパリに待望のショップオープンを控え、その勢いは益々上昇しています。

266

267

268

269

270

271

オーナーバイヤー岩高

2019秋冬パリコレバイイングVOL.6

 1552194248798

▼オリヴィエティスケンスのショールームは先日パリコレ発表した会場の上のフロア。

ドアを開けると偶然、ラッキーにオリヴィエティスケンスがとても優しい表情で迎えてくれたのが印象的でした。

新しいショールームは、床や壁にパリの歴史を感じる空間でした。

その端から端までパリコレのランウェイを飾った新作が優しく佇むように置かれていました。

窓際には新作のパンプスやブーツや、アクセサリーが発表されていました。

2019年秋冬は


●『ダークコートピュア=ダークな世界に繋がる一本の糸』
トレンドとは一切無縁、自分が表現したい物を追求するコレクション。


●『レトロフューチュリズム=過去と未来の融合』
伝統的な生地を立体的で構築的にフューチャーする。


●『1940年代』
ディテールはパワーショルダー。そして肩パットは現代の解釈の表現の為ミリ単位の修正。ウエストは極端に細くそれからヒップに広がる。


●『スカートスーツ』
構築的なシルエットを実現するために硬い生地を駆使しマスキュリンに仕上げたテーラードのスカートスーツが主流。


●『マテリアル』
ベルベット、シルクタフタ、オリジナルのバタフライレース。価格面を配慮したラッカー仕上げのレザーに見える生地

オリヴィエティスケンスは私達のバイイングの間、終始、ディスプレイのチェックや、プレスへの説明をしていました。

その姿は完成された秋冬コレクションを祝い心から愛しているピュアな美しい情景でした。

最後に昨年のマトッテイ30周年のメッセージボードのお礼を伝えると、MATTOTTIのインスタグラムで見たよと喜んでくれました。

そして私がパーティーで着たレースのドレスも誉めてくれました。

その他、京都の俵屋に泊まった時、30分夕食に遅れたら怒られた事、でも素晴らしい滞在だったこと。

そして次は神戸牛を一緒に食べる事…と話はつきませんでした。

MATTOTTIの店頭はオリヴィエティスケンスの春夏コレクションがとても好調です。

是非彼の美学を味わいに入らしてくださいませ。

311

312

313

314

315

316

317

318

319

320

▼パリのバイイングスタイル。

昨年の30周年パーティーで着た、オリヴィエティスケンスのレースのドレスを日常にも着こなします。

この春購入した同ブランドのレザージャケットと合わせると、ハード×フェミニンなスタイリングが完成です。

足元はレザーレギンスにするとフェミニンさにカジュアル感が加わります。

勿論リュックもエレガントに見せます。

翌日は雨が降ってたので、レザーの代わりに、フライトにも着たランバンのボリューミーなコートに変えました。

レースのワンピースはパーティーだけでなくデイリーにも楽しめて大活躍。

オリヴィエティスケンスの着こなしの幅の広さに改めて感心しています。

399

400

401

402

403

▼アンドウムルメステールは、1月のメンズコレクションで発表された1970年代のアバンギャルドムーブメントの反抗的な若者や音楽のサブカルチャーをベースに、

革新的な空間を中心とした活気に満ちたアートシーンへとフォーカスしたコレクション。

そのビジュアルアーティストの中で浮上したのが、アメリカの『ジェームズ・リー・バイヤース』。

彼の代表的な本には、褪せたピンク、スター(星)モチーフ、山高帽、渋いゴールド、金バッジ等、無限に瞑想的で完璧、そして超越的な美しさは神秘的でポエティックな世界を彷彿させます。

ここでは今回のコレクションのインスピレーションとなった『ジェームズ・リー・バイヤース』の本の一部をご紹介します。

321

322

323

324

325

326

327

 
▼アンドウムルメステール2019年秋冬コレクションは『ジェームズ・リー・バイヤース』の元、軽さとスピチャルティーを追求。
長いガウンはジェンダーを曖昧にするような新しいポエティック。
ドレーピング、トランスペアレントの流動的な動き。カラーは、シルク、フェイドのピンク。
ゴールドやパープル、そして白とオフ白とブラックが組み合わされる。
来秋冬は70年代の懐かしさを、セバスチャンによって新しさを加味されたコレクションを楽しめるアンドウムルメステールです。
328
329
330
331
332
333
334
 335
336
337
338

 

▼アンドウムルメステールのショールーム。コレクション商品とフラワーアレンジがこれほどまでに同じカラートーンで統一された空間に感動です。

ファッションと花のコラボレーションはパリのショールームの醍醐味でもあります。

大振りな枝の桜も綺麗でした…。

339

340

341

342

343

344

345

346

347

348

オーナーバイヤー岩高

2019秋冬パリコレバイイングVOL.5

 366

▼サカイパリコレは、エッフェル塔の近くの『パレ・ド・トウキョウ』で行われました。

今シーズンのパリコレ会場前はベーシックファッションが主流ですが、

サカイだけは全身サカイを纏ったサカイファンが集まります。

特にペンドルトン柄は世界的に人気のようです。

バンダナ柄やフラワープリントも目を惹きました。

でもやっぱり外人のサカイの着こなしは、大人っぽくてスタイリッシュ。是非見習いたいですね。

スタンディグも長蛇の列。サカイ凄い!

349

350

351

352

353

354

355

356

357

358

359

360

361

▼サカイ、パリコレ会場内は、ブルーライト一色に染まった空間。

螺旋階段を降りるといつもの椅子が並び、自分のシートナンバーを探します。

ショーのスタートはいつも最低でも30分は遅れます。

しかしこの待ち時間こそパリコレのワクワク感を味わえる時でもあります。

362

363

364

365

366

367

368

▼2019年秋冬サカイ、パリコレクション報告
(ブランドプレスリリースより)

『シルエットとアブストラクション、ハイブリットを通じて具体化する』

実用性の高いフォルムを採用しながら、

抽象的な概念から構築された大きなフォルムの上に別のフォルムの要素を重ね、

体にフィットするよう新しいハイブリットをリミックスする。

オーバーサイズのトレンチコートがダウンジャケットとパーツを重ねることにより、

クチュール感のあるボリュームを伴いながら、エレガント且つフェミニンなプロポーションを作り出す。

オーバーサイズのメンズコートの上にジャストサイズのニットを重ね、

通常とは真逆のレイヤリングでフォルムを遊ぶ。

メンズのデニムジャケットはウエスト回りを絞ることにより、

また腕周りからカフスまで流れるようなフォルムは、アワーグラスのようなプロポーションへと再構築される。

抽象画家の代表的であるジャクソン・ポロックを賛え、

彼の作品ではなく、スタジオの床に残されたアートピースを用い、

さらにアブストラクトを具現化する。

以上。

進化し続けるサカイに、まだまだこれからも期待が膨らみます。

 369

370

371

372

373

374

375

376

377

378

379

380

381

382

383

384

385

386

387

388

389

390

391

392

393

394

395

396

397

398

オーナーバイヤー岩高

2019秋冬パリコレバイイングvol.4

 

 305

▼2019年秋冬、キサチカダは先シーズンに続きミラノコレクションから招待を受け素晴らしいショーを成功させ、

その後パリで展示会を行いました。

3区の通りに面したウインドウは軽やかなピンクと白のチュールがお出迎え、

勿論デザイナーの幾左田さんも素敵な笑顔でお迎えいただきました。

306

307

308

309

310

▼ミラノコレクションに招聘されたキサチカダの秋冬コレクションは、

19世紀に活躍したロシアのダンサー『アンナ・パブロア』へのオマージュ。

実際の演目『瀕死の白鳥』からインスピレーションをうけ、舞台衣装のディテールを追求しています。

ショーのフィナーレでは、そのダンサーのイメージを伝えるための特殊な演出のアイディアもミラノでは大変評価が高かったようです。


音響は日本のミュージシャン『レッカス』によるオリジナルを使用。

荘厳なオーラを放つキサチカダ、秋冬も是非ご期待くださいませ。

298

297

296

295

294

293

292

291

290

289

288

287

286

285

284

283

282

281

280

279

278

277

276

275

274

273

272

299

 

▼トーガプルラ、メインコレクションは、1月と同じパリのショールームで行われました。
今回はOUTDOORとのコラボレーションが登場。

リュックやバッグや、ケープコート等、スポーティーに着こなせそうなアイテムがお勧めです。

トーガらしいデザインのドレスやワンピースも良かったです。

ラシャンブランで是非ご覧くださいませ。

300

301

302

303

304

▼次のショールームに向かうために地下鉄乗りましたが、何故か降車駅を電車がスルー…。

仕方なく1つ先の駅で降りてかなり歩く羽目に…。
何故ならデモが勃発し、発生地区の駅は封鎖している事からでした。
バイイング中は本当にいろんなトラブルに出合います。

降車駅からショールームまでの間、2012年から始まった『アンブレラ・スカイ・プロジェクト(日射病対策)』が、

マドレーヌ寺院のすぐ側の“LE VILLAGE ROYAL”で開催されていました。

カラフルな傘がとっても綺麗で、これは一見の価値ありです…。


パリでは色んなトラブルもありますがこんなラッキーにも出会えるから魅力ですね。

260

261

262

263

264

265

オーナーバイヤー岩高

 

2019秋冬パリコレバイイングvol.3

235

▼バイイングスタイルのご紹介。

この春少し奮発したオリヴィエティスケンスのレザージャケットは、

襟元のデザインとペプラムがエレガントでとても気に入っています。

また、一見ハードなデザインですが、とても柔らかく軽いレザーなので気心地の良さも最高ランクです。

インナーは、今からハイダーアッカーマンのショーなのでハイダーのグリーンのカットソーにしました。

そして今回のバイイングで活躍してるのがDURENのリュック。

表と裏の間にアルミニウムが施され、形状記憶になっています。

何といっても軽さが魅力のリュックです。

ボトムは、最近は再びハードな雰囲気が気分なので、レザーレギンスに厚底にしました。

今からハイダーアッカーマンのショーがここエッフェル塔を背にトロカデロで行われます。

214

215

216

217

218

▼ハイダーアッカーマン、ショー会場前。

お洒落マニアが続々と集まってきます。

今年はいつもよりシックなスタイルが目立ちます。

トレンチコートやジャケットスタイルも多く、

ベーシックなアイテムを自分らしい個性を出して着こなしていて、

派手なロゴ入りストリートファッションも終わりのパリと感じます。

今現在のファッション事情の変化を一番感じられるのはパリコレこの会場前かもしれません。

219

220

221

222

223

224

225

226

227

228

229

230

231

232

233

234

▼ハイダーアッカーマン、会場内はいつものように熱気で溢れています。

今回もメンズ・レディースを交え、ハイダーらしい力強さと

シャープさに溢れる格好いい女性のスタイルを魅せてくれました。

音楽は特別なアレンジが加えら得たストーリーを演出。

ジェーンバーキンの美声から始まり、パンチのあるハードな音響へ、

そして終盤は再びジェーンバーキンの名曲Je T aime…Moi Non Plusが流れ、ショー会場は穏やかな癒しに包まれました。

ファッションは自分に自信をもたらし強くするものでもあり、

日々の心の安らぎをもたらす不可欠なものだというハイダーからの心強くも優しさ溢れるメッセージでした。

235

236

237

238

239

240

241

242

243

244

245

246

247

248

249

250

251

252

▼パリのメンズスタイル。

春夏のマルジェラのジャケットは白のラインがポイント。

ジャージ素材なのでとても着やすく、

インナーはリックのナイロンのジップアップを合わせて、ジャケットをスポーティーに着こなします。

デニムパンツと靴はポエルで合わせて春らしいスタイリングに仕上げました。

 

253

254

255

256

257

▼翌日はリックのスニーカーにチェンジしました。

258

259

オーナーバイヤー岩高

2019年秋冬パリコレバイイングVol.2

1551593954060

▼この春からショールームを10区に変えたオリヴィエティスケンス。

パリコレもそのショールームで行われ、その為日本人も厳選された人のみの貴重なチケットとなりました。

このショーに全身全霊を投じる為プレコレクションを休んだと言われる程。

その彼の意気込みがショーの前から緊張感と共にひしひしと伝わってきます。

スタートは静かなシルエットのペンシルスーツから。

コルセットのパンツスタイル、得意のレースのワンピースやブラウスもバリエーションを沢山魅せました。

そしてドレスはオートクチュールを彷彿させるように裾を長く引きエレガンスの頂点を極めます。

圧巻のコレクションを魅せたオリヴィエティスケンス。

オーダーは3日後です。

184

185

186

187

188

189

190

191

192

193

194

195

196

197

198

199

200

201

202

203

204

205

206

207

208

209

210

211

212

213

▼新デザイナー、ボッターとリズを迎えた新生ニナリッチ初のパリコレクションは、

15区の春の明るい陽射し溢れるホールでその物語を生み出しました。

スタートは柔らかいシルクオーガンザーのエレガントなブラウスから始まり、

それはまるでカリブ海をルーツにした、自然の光の帯の様にふわりと舞います。

そして徐々に力強さを増しながら、若々しいカラーブロックのスポーティーなワードローブへと

革新的に彩られたニナリッチのコレクションでした。

165

166

167

168

169

170

171

172

173

174

175

176

177

178

179

180

181

182

183

オーナーバイヤー岩高

 

2019年秋冬パリコレバイイングVol.1

24864

▼パリ初日は、sacai初のポップアップストア“Bonjour sacai”へ。

ホテルから歩いて5分ぐらいのパレロワイヤルの側で、3月9日まで限定オープンしています。
Sarah Andelman / JUST AN IDEAと共に、パリのエッセンスとsacaiのハイブリッドの世界観を凝縮した空間を作り上げていて、

世界を旅するサカイのポップアップショップらしいストーリーでした。

同時に、”Bonjour sacai”だけで手に入るスペシャルアイテムが沢山展開されていて、

早速ペロクーンとサカイとのコラボレーションのマスコットを購入しました。

パリから帰ったら、ラシャンブランにお目見えしますので是非見に来てくださいね。

※アーティスト森川まどかが手掛けるペロクーンのアート作品は

国立新美術館のミュージアムショップでエクスポジションを開催中です。

24864

145

141

147

144

134

135

146

143

139

140

138

136

137

142

152

151

150

153

154

153

156

24889

24890

148 

149

▼sacai初のポップアップストア“Bonjour sacai”だけで手に入るスペシャルアイテムの

ペロクーンとサカイとのコラボレーションのマスコットを購入したら、カフェコーナーで抹茶ラテをご馳走になりました。

何とパリジェンヌのスタッフが実際にお抹茶立ててくれました。

ショップのディスプレイのsacaiの白の段ボールはソファーとしても使われてましたよ。

158

162

160

161

159

163

オーナーバイヤー岩高

2019秋冬パリ、プレコレクションバイイング Vol.5

 image1

▼パリバイイング最終日。昨日より更に冷え込み、今日は雪の予報が出ています。

2019年秋冬オスカーデラレンタ、プレコレクション。インドのヴィンテージのエスニックプリントが沢山登場しました。
アートデコフローラル、タペストリーフローラル、パッチワークストライプ、クロッシュ…。

ディティールでは、タッセル、アシメトリー、スペシャルワイドパンツなどで、

エスニックな世界をオスカーデラレンタ独自の才気でエレガントに仕上げています。

そして、チュールを細かく駆使したドレス等、圧巻のソワレに溜め息です。

 85

86

87

88

89

90

91

92

93

94

95

 96

97

98

99

100

101

102

103

104

105

106

107

108

109

▼今朝もかなり冷え込み、雪が降って来てました。

コレット跡は、サンローランのショップが建設中です。

雪か積もってきて、滑りそうなので、向かいのカフェ、LA COUPE DORのクロックマダム注文して雪をしのぎます。

79

80

81

82

83

84

▼2019年秋冬ザ・ロウ、プレコレクションは、モロッコの遊牧民からのインスピレーション。

遊牧民が持つ日々の生活の知恵は、テントやロープの使い方は勿論、過酷な砂漠の生活から身を守る、

衣服の着こなしのアイデアとも言える、重ね着、温度調節、レイヤリング等から学ぶことができます。

それを、現代の私たちが住む都会を砂漠に反映し、日々のサバイブを

生き抜くためのファッション自体に結びつけたコレクションになっています。

来シーズンから一切の画像がNGになり、皆様にはお店でもご覧いただけず、本当に申し訳ございません。

デザイナーの力の限りを尽くしたデザインを意図も簡単にコピーしてしまう人達には本当に呆れますが、

それが売れる時代ですから、仕方の無いことだと諦めるしかないのでしょう。

最高に上質でクリーン。無駄をそぎおとした美しさ溢れるザ・ロウ。是非ご期待くださいませ。

※画像はザロウとは関係なく、雪化粧したの今朝のオペラ座です。

124

▼この季節はパリも5時頃には真っ暗になります。

雪はもう止みましたが、夜も道中の人達を楽しませてくれるのがパリです。

今回のパリは、初日にジレジヨーヌ(イエロージャケット)情報が入り、ホテルから缶詰めで1ブランドのショールームに行けなかったり、

あるブランドは、とある理由で展示会をとりやめたり、またメンズのバイヤーは、パリの空港の積雪の為、ミラノからの飛行機が滑走路に降りれず、

着陸直前に急上昇し遅延。そのため乗り継ぎの飛行機に乗り遅れたりと、波乱づくめでした。

(因みに昨年はパリでインフルエンザにかかりひどかったですが…。)

一方、展示会はどこも熱く、サカイは勿論ですが、トーガもパリで展示会をしており、日本のデザイナーも世界に向けて発信するパワーを感じました。

そして、各デザイナーから共通して感じるのは、デザイナー自身がデザインする服を通して着る人に夢を与え、幸せな気持ちになって貰いたいという

一心が服に現れているということ、そしてそれを着た人達のお洒落な姿は、周囲の人達をも元気にし幸せに繋がるという事。

デザイナーは1か月後には、また最新のパリコレクションを披露します。本当に頭の下がる思いです。

私がいつも全身全霊を捧げるデザイナーの作品からパワーを貰えるように、

これからもお店を通し皆様に全身全霊でファッションの楽しさをお伝えしていけるよう頑張って参ります。

では26日から皆様のお越しをお店でお待ち致しております。

125

126

127

128

129

オーナーバイヤー岩高

2019秋冬パリ、プレコレクションバイイング Vol.4

76

▼2019年秋冬、アンドウムルメステール、プレコレクションは、メンズコレクションの

ランウェイの中でレディースも一部発表されていました。

ショーを見たとたん、懐かしさのある、そして若々しさを感じました。

その理由は、後日ショールームでプレスリリースを頂いたときに分かりました。

以下ブランドのプレスリリースをご紹介します。

70年代と80年代には、フランドル地方の大都市アントワープは挑発的で活発なヴィジュアルアートと

音楽によるカウンターカルチャーの最もアクティブな中心の1つであり、パンクが人々を先導していた。

ベルギーのパンクロックバンドThe Kids、デュオのアーティストClub Moralやヨーゼ・フボイスの活動や

エキシビジョンは反抗的な若いエネルギーを生み出し、アントワープ王立アカデミーの若い卒業生の糧となった。

この豊富なアバンギャルドな考えにコンテンポラリーの捻りを加えて再解釈された

今シーズンのコレクションのデザインは折衷と様々な影響の衝突を刺激する。

シンボル、スローガン、パターンとカラーは、オルタナティブなヘリテージをより活き活きとさせる。

スキニーなレザーのトラウザーにはバイカーブーツを履き、実用的なミリタリースタイルのベルトを何重にも巻いて
ウエストを縛る。

カーゴパンツやウールコートにはタシスト・カモフラージュプリントが使用。

イレギュラーなルースニットは魚の網のようで、クラフトなディテールがDIY感覚を呼び起こす。

シルバージュエリーはアントワープの神話、シルヴィウ・スブラボーの切り落とされた

手を呼び起こし、万智の永遠の反抗精神のシンボルとなっている。

以上プレスリリース。

 

クリエイティブ、ディレクターのセバスチャン・ムニエが、自分がまだデザイナーとしてブランドに居ない頃、

アントワープシックスを引き起こしたベルギーファッションの文化的脈絡や、アンドウムルメステールのカリスマを回顧し、想像し、

原点に戻って探求したコレクションだと書いてあったのです。

アンドウムルメステールの精神を心から尊敬し大切に継承する、セバスチャン・ムニエは、

2019年秋冬コレクションで、再びその時代を私達に魅せてくれたのです。

皆様と一緒にその世界を楽しみたいと思います。

※商品画像はNGです。

111

112

113

114

115

116

117

118

119

120

121

122

123

▼少し時間が出来たので、久しぶりにギャラリーラファイエットへ。

ここの吹き抜けの天井は本当に見事です。
4階辺りには、スケルトンの張り出したテラスが設けられ、そこから広大な空間を楽しめるようになっていました。

71

72

73

74

75

▼ギャラリーラファイエットに来ると、ラグジュアリーブランドを一気にリサーチし、次なるブランドを研究模索します。

そして1月のパリはセール真っ只中。物凄い人、人、人…だらけ。

バレンシアガはやはりパリでも人気のようで、各フロア全てにショップがあるほどです。

少しの時間でも人混みは疲れます。少しだけ5階のでカフェタイム。

ここからはパリの景色とエッフェル塔が見える穴場です。

今日は寒い霞に浮かぶエッフェル塔が見えました。

76

77

78

オーナーバイヤー岩高