Mattotti のすべての投稿

2020年春夏パリメインコレクションバイイング VOI.7

40683 

▼2020年春夏オリヴィエティスケンスのバイイングは、先日ショーを行った同じショールームで行われました。

カラーグラデーションを統一した壁はオリヴィエティスケンスのブラックな世界と相反する優しい空間です。

入り口正面には先日のコレクションを終えたオートクチュールのドレスが飾られ、

広々としたソファーの奥にはティスケニアン達がショーで履いた靴が並び、

その奥の部屋にはショーサンプルがテーマごとに並べられています。

そして部屋の一角からの窓から素敵な中庭が広がっていました。

オリヴィエティスケンスは確実に一つ一つ夢を叶えて行く強さと実力を持っています。

その強い信念こそが、世界のバイヤーに認められ、

バイヤーからこの世の美しい女性の元に届いていくのです。

222

223

224

225

226

227

228

229

230

231

 

▼春夏オリヴィエティスケンスのスタイリング。レースのドレスやワンピース。

レース使いやノーカラーのジャケット、ラムレザーの半袖ジャケット、ランジェリービスチェ、

レイヤードロングスカート、ストレッチパンツ、ワイドデニムパンツ…。

そして、ようやくパーティーサンダルも登場しました。

素敵なアイテムが沢山ありすぎるのでここでは一部をご紹介します。

ショールームでは、オリヴィエティスケンスがいつも一緒にデザインやあらゆる製作を共にしているSteffyさんもご紹介頂きました。

全身オリヴィエティスケンスのスタイリング。

特にレザージャケットにランジェリーブラの着こなしがとてもお洒落で素敵な女性でした。

232

233

234

235

236

237

238

239

240

241

▼オリヴィエティスケンスの春夏のコレクションでモデルが付けていたアイウェア(サングラス)がショールームで新たに発表されました。

オリヴィエティスケンスとジャック・マリー・マ―ジュのコラボレーションです。

サングラスの横にはオリヴィエティスケンスのTのロゴマークが新たにデザインされています。

デザインは2型でカラーのバリエーションも豊富。

とても軽く、また国内用にノーズパットもリメイクされる予定です。

来春はオリヴィエティスケンスの仕上げのスタイリングに欠かせないアイウェアとなるでしょう。

勿論私もオーダー済みです。

Jacques Marie Mageジャック・マリー・マージュについて次に詳しくお伝えします。

242

243

244

245

 

▼オリヴィエティスケンスとのコラボレーションとしてから新しく発表されたアイウェア、

ジャック・マリー・マージュ(Jacques Marie Mage。

ブランドのはじまりは、2001年ロサンゼルスに移住してきたフランス人のジェロム・マージュによってスタジオが設立されました。

2015年からスタートした新鋭アイウェアブランド、ジャック・マリー・マージュは、

LAとハリウッドを拠点に置き、品質の高さと素材によりラグジュアリーでありながらも、

時代を掴んだ遊び心あるデザインで、瞬く間に世界に名を轟かす人気ブランドへと成長しました。

特徴は最大10mmの重厚感のあるフレームで、デザインと耐久性の共存を体現しています。

そのフレームにはスターリングシルバーや18金などのマテリアルもアクセントに使われ、

高級感が醸し出されて、これらのこだわりのメガネは日本で製作されており生産数はごく少数のみとなっています。

公式サイト

http://jacquesmariemage.com/home/

246

247

248

 

▼オリヴィエティスケンスとジャック・マリー・マリアジュのコラボレーションアイウェアのローンチパーティーが、夜開催されました。

入口は昼間とは違った蛍光カラーの演出。

中庭にもオリヴィエティスケンスから招待された沢山のファッション業界人がDJとシャンパンで盛り上がっていました。
オリヴィエティスケンスともパリコレやショールームの内装、日本文化、

国際レース美術館(後程報告します)の彼の作品についてなど、沢山の話をしました。

パーティーに誰が来てるかは問題ではなく、オリヴィエティスケンスが誰を呼んだか…。

それは今まで自分を支えてくれた人、そして自分で選んだ感性溢れるプロ達。


一歩一歩自分のペースで、そして自分の感性を信じ続け、前進し続けるオリヴィエティスケンス。

近いうちに日本、そして神戸に来ることも約束しました。

249

250

251

252

253

254

255

256

257

258

オーナーバイヤー岩高

2020年春夏パリメインコレクションバイイング VOI.6

206

▼2020年春夏ドリスヴァンノッテン。

パリに来る前に既に驚いたのが、フィナーレにドリスヴァンノッテン氏と、

かつて色の巨匠と言われたクリスチャン・ラクロアが一緒に登場していたこと。

それはなぜなのか…。

非常に興味深くショールームを訪ねました。

ドリス・ヴァン・ノッテンは、2020年春夏コレクションの製作に臨む際、

90年代の楽しかったファッションの時代を思い浮かべながらデザインボードを制作していると、

クリスチャン・ラクロワのデザインイメージに似ていると感じ、オマージュとして製作するならば、

一緒にコレクションを作れることができないかと考えオファーに至ったと。

一方、クリスチャン・ラクロワはオファーを受けて快諾。

今年3月からドリス ヴァン ノッテンのデザインチームと一緒に、コレクションを作り上げていったとの事。

尚、今回はモチーフやロゴを使用するだけのコラボレーションではなく、ドリス ヴァン ノッテンに参加するという形のため、

タグにはクリスチャン・ラクロワの文字は記されていません。

ドリス・ヴァン・ノッテンが、自身のコレクションにデザイナーを迎え入れたのは今回が初めて。

クリスチャン・ラクロワのクチュールメソッドを存分に取り入れた”ファッションを楽しむため”のコレクションは、

ジャーナリストやバイヤーから高評価を得ているようです。

193

194

195

▼ドリス ヴァンノッテンは今季クリスチャン・ラクロワと共に全コレクションを作りあげました。

ラクロワは2009年に自身のブランドを閉鎖するまで、色彩とプリントの巧みな使い手として名を馳せたオートクチュールデザイナー。

花やドット柄とアニマルをぶつける情熱的なコディネートや、金銀糸も織り込んだ華やかなジャカード使い、

フリルやリボンを駆使したアイテム、大きく丸い袖のクチュール的なドレスなどにラクロワの仕事が見られます。

ドリスヴァンノッテンは、フランスのイオン地方の17世紀から続くジャガードの老舗に依頼し、

19世紀のパターンをドリスだけの為にリバイバルさせたエクスクルーシブファブリックも圧巻です。

世界に暗いニュースが多い中、少しでも明るい日々が過ごせるよう、

ドリスヴァンノッテンとクリスチャンラクロアの2人が魔術をかけてくれような気がするのです。

196

197

198

199

200

201

202

203

204

205

▼2020年春夏ニナリッチは、デザイナーデュオの、

ルシェミー・ボッターとリジー・ヘンブラーが子供の頃の遊び場のビーチをテーマにしました。

パリコレチケットに貼り付けられたチューインガムに似せたパーツと、

シートに置かれたお土産のチューインガムがまさにその代表的なものでした。

・バブリシャス(チューインガム)

 =イコール

 ニナリシャス

 これはニナリッチを『ニナリシャス』と造語で表現し「ニナリッチに溢れている」という遊び心。

二人は『ファッションやクリエーションは、遊び場』と捉え、

ショールームは前回同様彼らが集めたフィギュアやゲーム機が並べられていました。

実際昨日は二人がゲーム機であそんでいたようです。

各テーブルも独自のカラーに変化させたフラワーアレンジがとってもお洒落でした。

来春のニナリッチを着て子供の頃の無垢な遊び心を懐かしく楽しみましょうね。

206

207

208

209

210

211

212

213

214

215

▼ニナリッチのクリエイティブディレクターの、ルシェミ・ボッターとリジー・ヘンブラーは

『ファッションやクリエーションは、遊び場』

と捉え、ショールームは前回同様彼らが集めたフィギュアやゲーム機が沢山並べられています。

独自のカラーに変化させたフラワーアレンジととってもマッチして、

二人が「一緒に遊ぼうよ」と誘ってくるようなとってもユニークなショールームでした。

216

217

218

219

220

221

オーナーバイヤー岩高

2020年春夏パリメインコレクションバイイング VOI.5

204

▼ようやく体調も回復してきました。

ご心配をお掛けした皆様、またショールームでは温かい飲み物など沢山のお気遣い有難うございました。

バイイングもかなり変更し最終日まで詰め詰めのスケジュールですがショールームの新作にパワーを貰いながら最後まで頑張ります。

今日は9月にオープンしたオスカーデラレンタのパリ初のショップでバイイングです。

ドリスのトップスにザロウのブラウスを重ねて新店内の螺旋階段で撮影しました。

オスカーデラレンタ パリショップ
4 Rue de Marignan 75008


については詳しく後程お伝え致します。

188

189

190

▼9月10日に、4 Rue de Marignan 75008にオープンしたオスカーデラレンタ。

シャンゼリゼ通りから少し入った、セリーヌやニナリッチ、向かいはアライア等、ラグジュアリーブランドが肩を並べるパリの一等地です。

オスカーデラレンタを纏うマネキンが飾られたウインドウを入ると目の前に豪華な螺旋階段が私たちを迎えてくれます。

先ずはウィンドウと1階です。

191

192

193

194

195

196

197

▼優雅な雰囲気をゆっくり味わいながら螺旋階段を上がると、2階は3つのフロアーに別れ、

其々に独自の家具や什器が配置され、私達をオスカーデラレンタの至福の世界に導いてくれます。

そして、圧巻は一番奥の壁一面の絵画。まるで美術館にいるかのような錯覚に陥ります。

実はこの壁は、ショップの改装中に壁を剥がしていたところ、壁の奥にもう一枚の壁画が発見され、

それがかなり剥離していた事から同じ壁画を描き直し再現した壁画なのです。

その再現作業でショップのオープンが遅れたとの事。

そんな奥深い魅力を秘めたショップに、皆様もパリに来られましたら、是非立ち寄り、

オスカーデラレンタの世界観をご堪能されると共に、この壁画を実際の目でご覧になって欲しいと思います。

198

199

200

201

202

203

204

205

オーナーバイヤー岩高

2019秋冬パリ、プレコレクションバイイング Vol.4

あん

▼パリに来てから2日目に入り途端に体調を壊し高熱が出てしまいました。

歩くこともできないほどでしたので、已む無く、楽しみにしていたハイダーアッカーマンのショーを断念。

代わりに社長のレポートをご覧ください。

会場前はハイダーらしいカッコいい大人のファッションマニアが終結していたようです。

「ハイダーアッカーマンのショーがAlma Maceauのパレドトウキョウで行われました。

入口でウォッチングしているとハイダーらしくモードで斬新なデザインや色目の人達が目立ちました。」

85

86

87

88

89

90

91

92

93

94

▼ハイダーアッカーマンのは来春夏もメンズとレディース合同のショーを行いました。

メンズライクなジャケットスタイルとエレガントなストリートアイテムやカラーはMATTOTTIでも不動の人気を得ています。

ショー後のバイイングまでには体調回復します(レポートは社長)

「2020 Spring & Summer collection Haider Ackermann」

95

 

96

97

98

99

100

101

102

103

104

105

106

107

108

109

110

111

112

113

▼アンドウムルメステール、2020年春夏コレクションのキーメッセージは、1974年の有名なヒットソング、

ドリー・パートンの『ジョリーン』の歌詞をコレクションの型破りな出発点にしています。

以下プレスリリースより

デザイナー、セバスチャンムニエは、今年、インデーズのノイズムュージシャン、

『リングア・イグノタ』のパフォーマンスをアントワープのアンダーグラウンドに見に行きました。

そこで『リングア・イグノタ』がジョリーンのカバーを歌い始めた瞬間、

オーディエンスを沈黙にさせ、その感情的な瞬間からこのコレクションが生まれました。

(中略)

アンドウムルメステールは今年25周年を迎えます。

セバスチャンムニエは、アンドウムルメステールに関わって5年であり、ファッション業界での表舞台に立ってからの20周年の記念すべき年を静かに祝います。

来春夏のコレクションには、そんな彼の過去から現在のクリエイションに影響を与えたエレメントがブレンドされています。

私の方は、午前中はベッドから起き上がれない状況でしたが、何とか身繕いし、

朦朧としながらのセレクトでしたが、このショールームでの時間の中で得られた新たな出会いに確実にパワーを貰えた事は確かです。

174

175

176

177

178

179

180

181

182

183

 

▼今回のアンドウムルメステールのフラワーアレンジ。

ワインカラーとホワイトの大胆な組み合わせに、訪れる秋と来春夏の季節の融合を感じます。

コーナーごとのアレンジの違いのセンスにもうなされます。

184

185

186

187

オーナーバイヤー岩高

2020年春夏パリメインコレクションバイイング VOI.3

ティス

オリヴィエティスケンス

2020年春夏パリコレクション。

漸く改装を終えた美しいアトリエでのショー会場は、広々としたファサードから始まり会場内は歴史を感じさせる美しい壁が目に入ります。

ショーの前にバッグステージを覗くチャンスがあり、ランウェイを待つモデルやカメラマン、

メイクスタッフ等が慌ただしく動き回り、緊迫感と高揚感で溢れていました。

オリヴィエティスケンスの姿もチラリと見えいつもより真剣な表情がとても印象的でした。

パリコレのスタート前の醍醐味を味わえる貴重な一瞬でした。

114 

115

116

117

118

119

120

▼オリヴィエティスケンス、パリコレVol.1

マドンナのヒット曲から明るくポップにスタート。

ティスケニアンと呼ばれる若くフレッシュなモデルは、ランジェリーのようなショーツを大胆に且つフェミニンにスタイリングされ、その斬新さにスタートから度肝を抜かれます。

得意のブラックドレスは独自のデザインが施されたバックスタイルが美しく、

ブラトップにスカートとパンツのシンプルな組み合わせもシンプルな中にスタイリッシュさを感じさせます。

シューズはプチプラットのサンダルを合わせモードさ前開です。

そして今回際立ったのがサングラス。

オリヴィエティスケンス初のサングラスが来春から登場します。

10月1日はそのデビューコレクションとしてカクテルパーティーがこの会場で行われます。


常に前進、常にモード。

オリヴィエティスケンスの快進撃から目が離せません。

121

122

123

124

125

126

127

128

129

130

131

132

133

134

135

136

137

138

139

140

141

142

143

144

145

146

147

148

149

150

▼オリヴィエティスケンス、パリコレVol.2

マドンナのヒット曲から明るくポップにスタート。

ティスケニアンと呼ばれる若くフレッシュなモデルは、

ランジェリーのようなショーツを大胆に且つフェミニンにスタイリングされ、その斬新さにスタートから度肝を抜かれます。
得意のブラックドレスは独自のデザインが施されたバックスタイルが美しく、

ブラトップにスカートとパンツのシンプルな組み合わせもシンプルな中にスタイリッシュさを感じさせます。

シューズはプチプラットのサンダルを合わせモードさ前開です。
そして今回際立ったのがサングラス。

オリヴィエティスケンス初のサングラスが来春から登場します。

10月1日はそのデビューコレクションとしてカクテルパーティーがこの会場で行われます。


常に前進、常にモード。

オリヴィエティスケンスの快進撃から目が離せません。

151

152

153

154

155

156

157

158

159

160

161

162

163

164

165

166

167

168

169

170

171

172

173

オーナーバイヤー岩高 

 

2020年春夏パリメインコレクションバイイング VOI.2

5

▼2020春夏toogood。

ショールームは鮮やかなコバルトブルーが目に入ります。来春夏のテーマは作業着からのインスピレーション。

壁には労働者のイメージをデザイナーが描いたタペストリーが飾られています。


ユニセックスのtoogood。

リップストップ(裂けるのを阻止する)素材にパラフィン加工した張りのある軽いコートは春先に最適でレディースでオーダー入れました。

乞うご期待ください。

トゥーグッド 

6

7

8

9

10

11

12

13

▼チカキサダ、2020年春夏は『モネの睡蓮』からのインスピレーションを得意のチュールに載せたパステルカラーが優しいコレクションでした。

14 

15

16

▼グイディ パリシヨールーム。
11月2日~4日、メンズSHELTER2の15周年イベントとして、グイディのオリジナルオーダー会を予定しています。

パリではその最終の打ち合わせです。
今回はレディースの新しいシューズサンプルも沢山揃います。
更にスペシャルイベントとして、MATTOTTIでグイディのジュエリーコレクションを行うことになりました。

シルバーとカンガルーレザーのコンビネーションと、ブラックダイヤをあしらったリングやピアス、バングル、ネックレス等、沢山揃います。

私は6月のパリで既にリングの個人オーダーをしたほどお気に入りです。
ジュエリーオーダー会は、グイディ初のイベントです。

スペシャル記念限定ノベルティもご用意しておりますので是非入らしてくださいませ。

72 

73

74

75

76

77

78

▼グイディのショールームでは、以前も靴の製作の実演をしていましたが、

今回は靴を縫う機械を持って来られており、何とサンダルを速攻で作ってくれるとの事で早速お願いしました。

私はP51のデザインをオーダー。

製作は1時間半で仕上がるそうです。とっても楽しみです。

 

79

80

81

8283

84

オーナーバイヤー岩高

2020年春夏パリメインコレクションバイイング VOI.1

になりっち

17

18

19

20

21

22

25

26

24

23

27

28

29

昨夜、パリに到着しました。
今朝は20℃ぐらいで日本よりは寒いです。

ニナリッチ、2020年春夏パリコレ。

会場はエッフェル塔横のパレドトウキョウ。ショー会場前の緊迫感はパリコレならではです。

一人と一緒のファッションは見られないファッションマニアたち。

ベーシックなアイテムと差し色の蛍光カラーの組み合わせや、シースルーなアイテムがお洒落に目立っていました。

30 

31

33

32

34

35

36

ニナリッチ会場内は、前回にも増して熱気が溢れていました。

招待状はピンクのチューインガム(ではないてすが)が添付されており、シートには本物のチューインガムがお土産に置いてありました。

そして何とフロントローに、アンミカさん発見!テレビのパリコレ学で見るより、お顔も小さくとってもお綺麗でした。

勿論ニナリッチをモードに着こなされてました。

37 

38

40

41

42

44

45

46

47

48

49

50

ニナリッチのショーは、始まる直前に天井から突如、シャワーのような水が流れ落ちるパフォーマンスに驚かされます。

そして登場するモデルはひらひらとシルクのヒレをなびかせ、或いは、時おりキラキラ光る鱗のヘッドアクセサリーやドレスは、まるで海の中の美しい魚のようでした。

デザイナーデュオのルシェミー・ボッターとリジー・ヘレブラーの二人の故郷、カリブ海を優しく表現したコレクションだったと感じました。

オーナーバイヤー岩高

2020年春夏パリプレコレクションバイイングvol.5

115

▼2020年春夏アンドウムルメステール、

プレコレクションのショールームはいつもにも増して活気に溢れていて、

コレクションが如何に大成功だったかを証しています。

入口にはシェイクスピアの言葉が飾られ、

巨大なフラワーアレンジもアンドウムルメステールの力強さを現わしているかのように見えました。

しかしパリには殆どクーラーが無いのでここのショールームは特に暑すぎてバイイングも至難です。

でも今回はアンドウムルメステールのブラックとオフホワイトのチュニックブラウスで、

お洒落にバイイングができました。

素材感と気心地の良さはアンドウムルメステールが一番goodかもしれません。

115

116

117

118

▼ANN DEMEULEMEESTER

SPRING SUMMER 2020のプレスリリースより一部ご紹介します。

テーマは「故郷アントワープの港」。

アントワープの港は北海と人類の運命を結びつけてきました。

海岸線から離れて漁獲したり、長期に渡って彼らの船を停泊させたり、

労働者達は何世紀にも渡って港で働いてきました。

そんなワークウエアとロマンティズムを元に、デザイナー、セバス・チャンムニエはアメリカに渡るフェリーRed Star Lineの乗客者やドッカー、

フィッシャーマン等、マリナ(船乗り)からインスピレーションを引き出しています。

ピーコート、オフぃサージャケット、チュニック、ベスト等のクラシックなアイテムをデコンストラクトした新しいルックを提案しています。

(中略)

海に含む貝や甲殻類のプリントはフランドルのアーティストMarcel Broodthaersのシュールなユーモアに基づいています。

マリンのシンボルを含むシェイクスピアの言葉もTシャツを始めコレクションに含まれています。

119

120

121

122

123

124

125

126

127

128

129

130

▼次のショールームまで歩いてましたが、あまりの暑さのせいで、ポンピドウセンター横のカフェでちょっと休憩。

慣れない手付きで自撮りしようとしていたら親切なマダムが写真を撮ってくれました。

パリは優しい人も沢山いますね。

この辺りもアートに溢れています。

131

132

133

134

135

136

137

138

139

140

▼2020年春夏ザ・ロウのテーマは

「90’S NEW YORKER」。

ニューヨークのキャリアウーマン全盛時代に登場した、ミニマルなジャケットスーツやコート。

そして女性のライフスタイルが多様化した時代でもあり、キャリアウーマンのドレスアップスタイルに焦点があたっています。

新しくプリーツとワンピースの組み合わせや、プリーツのブラウスも登場です。

また「バイ ナウ ウェア ナウ」として年に10ヶ月は着ることが出来るアイテムも提案しています。

シンプルで上質なザ・ロウは常に進化し続けています。
(商品は画像はNGなので、代わりにお洒落ないちじくのチョコクッキーとヘルシーなキャロットジュース撮りました)

141

▼パリ最後はトーガプルラ。

2020年春夏は、カラフルな色が満載です。

蛍光色やイエローグリーン、オリジナルのチェックプリントも色鉛筆の全色が使われているようなポップな色合わせです。

アイテムは人気のドローストリングのフーディーコートや、スカートに見えるパンツ等がとってもお洒落でした。

またポーターとのコラボレーションバッグも再登場。是非楽しみにしててください。

142

143

144

145

146

オーナーバイヤー岩高

 

2020年春夏パリプレコレクションバイイングvol.4

ニナリッチ

▼昨シーズンから、アーティスティックディレクターにデザイナーデュオの

ルシェミー・ボッターとリジー・ヘレブラーを起用したニナリッチ。

老舗メゾンには大胆な新人の起用でしたが、パリコレのデビューショーでは高評価を得ていました。

2020年春夏はデザイナーの故郷カリブ海をベースに、ニナリッチのアーカイブの根底を引き出し、

フェミニンとマスキュリンを再解釈しクリエイティブに再生したコレクションを作り上げました。

カリブ海を彷彿させるコバルトブルー、水色、イエロー、スパイシーレッド、オレンジ色のアイテムは、

ワクワクする春夏カラーが沢山です。

ショールームのフラワーアレンジもそんなカラフルな色合わせがとっても印象的でした。

最後にデザイナーと記念撮影。

マトッテイのミックスセレクトに新しい風が吹いてきそうです。

ご期待くださいませ。

93

100 

101

92

95

96

97

98

94

104

105

▼パリにショップオープンを控えたオスカーデラレンタ。

ラグジュアリーでスペシャリティな雰囲気が漂う2020年春夏コレクション。

19世紀の日本の軍隊からのインスピレーションによる、憲章やチェーンを使いミリタリーなアイテムが強い女性を表現します。

また、花鳥風月、ボロ刺し子もシックなデザインに落とし込まれています。

毎シーズン人気のボタニカルガーデンプリントもとっても綺麗でした。

106

107

108

109

110

111

112

113

▼パリは昨日に増して猛暑です☀️😵💦

セレクトショップ「コレット」の跡にサンローランがオープンしていました。

以前のWWDに、家賃高騰が要因の一つと書かれていたコレットでしたが

たった10年ほどで幕を引くのはとても残念な気がします。

家賃だけの問題であれば移転先を考える、ブランド戦略を改善するなど、

色んな方法で続ける事も出来るはずではないのでしょうか。

実質私の店でも問題山積を抱えながらも、純粋にファッション提案を使命としているから、

30年続けることができているのだと思います。
わすが10年で世界の人気ショップの地位を得られたのなら、更にいばらの道を歩んでこそ

「やっぱりコレットはすごい!」と言われる店を作って欲しかったと思います。

続けることの難しさを、難し事と思うのかどうかは、それを乗り越えた人だけが感じる事が出来るのだと思います。

そして私達はまた次の壁に向かって、新たなファッションを見つけにショールームに向かいます。

 114

オーナーバイヤー岩高

2020年春夏パリプレコレクションバイイングvol.3

クロス

▼今日のパリは気温が34°まで上がる予報なので、長袖だけど涼しくて紫外線もブロックできる

アンドウムルメステールのチュニックシャツにしました。

初日の黒と色違いで購入したほどお気に入りです。

また歩き回るバイイングにオリヴィエティスケンスのブーツも大活躍です。

クロスのショールームの入口は今年も紫陽花がウェルカム。

76

▼パリ、メンズファッション。

社長はクロスのジャケットとTシャツに、ボトムはボリスの短め丈のパンツにクロスのスパイラルジップのハイブーツ。

バッグはコーネリアンタウラス。

バイヤー斎藤はクロスのジャケットにインナーとパンツはボリスで靴はクロス。

バッグはコーネリアンタウラス。

ネックレスはクロスのレザーシェルを自身でリメイクして付けてました。

77 

78

▼2020年クロス春夏は、上質なヘンプのロングカーディガンやリネンのシャツジャケット、

シルバーのネックレスと新型のバッグがとっても気に入りました。

そして、クロスから待望のオートクチュール”SARTOR”が発信。

マウリッツィオ氏の独自の感性で、日本の着物、刺し子、酒袋からインスピレーションを受けそれを駆使し作られ、

世界に1つしかないオートクチュール。

まずはメンズSHELTER2でスタートしますので是非ともご期待くださいませ。

ショールームもかなりの暑さでローラも素足で中庭で水やりしてました。

手作りイタリアンランチもいつも美味しいです。😋🍴💕

79 

80

81

82

83

▼パリに到着した時、ホテル前のリパブリック広場が農作物の展示場になっており、

フルーツのエッフェル塔、藁の広場、お花畑、ウシや羊もいました。

音楽もMAXガンガンでフェスティバル会場のようにとても盛り上がってました。

毎年、この季節にサマーフェスティバルが開催されてるようです。

パリは人の目を楽しませてくれるところが沢山あります。

84 

85

86

87

88

89

90

91

オーナーバイヤー岩高